ディズニー・ミュージック 〜ディズニー映画 音楽の秘密

著者 :
  • スタイルノート
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784799801536

作品紹介・あらすじ

本書では、1928年から2013年までのディズニーのアニメ映画(ピクサー制作含む)で使われている音楽を徹底的に分析。論文ではなく、誰にでも読みやすく書かれており、ディズニー映画の歴史を知る読み物としても楽しめる。ウォルト・ディズニーが制作した初のトーキー・アニメ映画『蒸気船ウィリー』から『アナと雪の女王』、ピクサー制作の『モンスターズ・ユニバーシティ』まで、70作以上の映画音楽について詳細に解説。ウォルトがどのように音楽と出会い、いかに音楽を重要視していたかがよくわかる。その音楽がそのシーンで使われるに至ったエピソードなども紹介。軽い裏話から、音楽形式からの分析や和声進行からの専門的な分析、当時の情勢なども分かりやすく紹介されている。さらには、ディズニー映画で使われた革新的な技術の数々も解説。例えば、音楽に合わせて歩くシーンなどはどうやって作っていたのか。キャラクターの動きに合わせて音が出るという手法を考え出したのは何がきっかけだったのかといったことも解説されている。本書を読むことで、ディズニー映画にとって音楽がどれほど大切でどれほど重要視されているかがわかる。豊富な参考文献や、詳細な索引も付した。カバー装画は、三越が発行する『GINZA STYLE』の表紙画や、『シンデレラの告白』(角川春樹事務所)、『美食倶楽部』(文藝春秋社)等のカバー装画で知られる、長谷川洋子氏。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本書では、1928年から2013年までのディズニーのアニメ映画(ピクサー制作含む)で使われている音楽を徹底的に分析。論文ではなく、誰にでも読みやすく書かれており、ディズニー映画の歴史を知る読み物としても楽しめる。ウォルト・ディズニーが制作した初のトーキー・アニメ映画『蒸気船ウィリー』から『アナと雪の女王』、ピクサー制作の『モンスターズ・ユニバーシティ』まで、70作以上の映画音楽について詳細に解説。

  • <閲覧スタッフより>
    ディズニーからピクサーまで幅広い映画作品の音楽について、膨大な文献をもとに著者が徹底検証しています。ウォルト・ディズニーが作品をより生き生きとさせるためにいかに音楽に重点を置いていたかが窺い知れます。頭の中で映像と音楽を思い浮かべながらウォルトの構想を読み進めると作品に深みが出てきます♪
    --------------------------------------
    所在番号:778.77||タニ
    資料番号:10234767
    --------------------------------------

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

富山県富山市出身。東京学芸大学大学院にて修士号(教育)を取得後、アメリカ・フロリダ州立大学にて博士号(音楽学)を取得。専門はアメリカのクラシック音楽。『レコード芸術』『音楽現代』などへ、多くの書評やレビューを執筆。現在、フェリス女学院大学音楽芸術学科准教授、国立音楽大学音楽非常勤講師として教壇に立つ。

「2016年 『ディズニー・ミュージック』 で使われていた紹介文から引用しています。」

谷口昭弘の作品

ツイートする