良い音の作り方 〜永野光浩流・DTM音楽制作仕事術

著者 :
  • スタイルノート
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784799801598

作品紹介・あらすじ

様々な音楽作品が生まれる中で、カギとなる「音」。どれだけ「良い音」で音楽を作れるかは、メロディとともに重要だ。本書はどうすればその「良い音」を生み出せるのか、何をもって「良い音」とするのかを具体的に解説。各所に「ポイント」として、作り手が意識しなければならないキーセンテンスが大きくわかりやすく書かれている。また、プロの作曲家は仕事を引き受けた際、どのように作品完成まで仕上げるのか。どうやって「良い音」を探し、作り出すのか。その仕事術や創作過程も書かれている。例えば、ある美しい風景を見た瞬間のインスピレーションから音楽をどう生みだすのか。最初の音を探る過程から、作品を仕上げていくまでの気を付けたい点や注力すべき点などがプロ作曲家としての経験から述べられている。『耳コピ力アップ術』や『音を大きくする本』など、時代に左右されないロングセラーを出し続けている著者の仕事の様子がわかる本。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • レビュー省略

  • 「音は、適材適所であるか否かで、良い音にも悪い音にもなる」

    この一文だけでも、読む価値がある

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784799801598

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

国立音楽大学作曲科卒。尚美学園短期大学講師、東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所共同研究プロジェクト研究員等を経て、現在、東海大学非常勤講師、京都精華大学ポピュラーカルチャー学部非常勤講師、八王子音楽院講師、国立音楽院講師。多くのテレビ番組のタイトル曲やCM 曲を創るほか、デパートや複合施設などの環境音楽、航空機内環境音楽等を作曲している。また、多くの作品集も出している。
CD に、「クリスタルヒーリング」、「和カフェ」、「疲労解消のための音楽」(いずれも株式会社デラ)など多数。
著書に、「音を大きくする本」、「新・プロの音プロの技」、「VOCALOID2作成テクニック伝」、「DTMオーケストラサウンドの作り方」、「DTMトラック制作術」「良い音のつくり方」(いずれもスタイルノート)など多数。
永野音楽研究所代表。
ホームページ:http://www2.odn.ne.jp/onken/

「2018年 『耳コピが基礎からできるようになる本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

永野光浩の作品

良い音の作り方 〜永野光浩流・DTM音楽制作仕事術を本棚に登録しているひと

ツイートする