さあ、なげますよ

著者 :
  • 文溪堂
3.20
  • (1)
  • (2)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784799902424

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • おばあちゃんと少年の不思議な交流。
    あまりないシチュエーションとお話の展開に、
    時間が経つともう一度読み直したくなる絵本でした。

  • 2018/8/17 9:05

  • おばあちゃんと少年のキャッチボール!!

  • おばあさんと少年という組み合わせが良い。
    リズミカルな文章に楽しそうな雰囲気が伝わってくる。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

東京生まれ。早稲田大学教育学部英語英文学科卒業。
1960年ブラジルに出かけて2年間滞在、帰国後、絵本・童話の創作をはじめる。ブラジルでの体験をもとにした『ルイジンニョ少年 ブラジルをたずねて』(ポプラ社)でデビュー。『わたしのママはしずかさん』(偕成社)、『ズボン船長さんの話』(福音館書店)で路傍の石文学賞、『おおどろぼうブラブラ氏』(講談社)で産経児童出版文化賞大賞、『魔女の宅急便』(福音館書店)で野間児童文芸賞・小学館文学賞を受賞。これまでの業績に対して2011年に巖谷小波文芸賞、2013年に東燃ゼネラル児童文化賞、2018年に国際アンデルセン賞作家賞を受賞。

「2019年 『かがみとチコリ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

角野栄子の作品

ツイートする