魔法使いの嫁 11 (BLADE COMICS)

  • マッグガーデン
4.00
  • (18)
  • (30)
  • (16)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 590
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784800008374

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 僕らは学ぶ。違いが、世界を変えていく事を。 『学院』で聴講生という立場を得たチセ。変わりゆく彼女を受容し、自身の変化も感じ始めるエリアス。より多くのひとと関わる事になった二人は、どう変わってゆくのか。

  • サイモンの元に来た監査役は管狐を使う。
    サイモンの説明によると、
    監視役の「雄鶏」と「鳩」その上を「鴉」と「蟻」その上に「狼」と「飛蝗、トップが「羊飼い」。
    羊飼いも一枚岩ではない。

    サイモンの作るお菓子には妙なジンクスが有る。
    食べたものが死んでいくという嫌なジンクス。
    皆の死が自分が原因と知ったとき、アロンザが現れる。
    アロンザの受け入れで、サイモンは命を長得る。
    監視役の意識をエリアスは弄る。

    霧が充満して、ステラと別れ離れ。
    現れたのは海の孤島に暮らすラハブ。
    サイモンとエリアスの先生的存在。
    ステラは灰の目と霧の中で会い、何かを約束する。
    ラハブのいう嫁はパートナーと言う意味合いらしいが…
    霧が晴れて、ステラと再開。

    倒れたフィロメラはチセに貰ったハーブを一人で確認。
    目的わからず。
    学園からの裏道は危険。
    なので妙なものを飲み込んでそれを印とする。

    学園ではアンジェリカさんが納品中。
    レンフレッドとエリアスはアリスのあり方について話す。
    それを聞いたアリスは・・・

    アイビーはチセの質問をシカトして、ルーシーにイヤーマフを取り上げられる。
    アイビーはごるごーん、メデューサ。
    髪の毛が蛇に。
    彼は音や光に敏感で、イヤーマフ等がないと生活がままならない体質だった。

    と、それを盗み聞きしていたのはフィロメラだった。

    さて。
    世界は広くなってきました。
    何がどう動くか、すっごくワクワク!

  • 学園編が始まって(私の中で)盛り返した。楽しい。

  • 難しいと思いながら読み続けている
    カレッジに入って自分には少し分かりやすくなってきたが、登場人物覚えられない。
    人外達を理解しようとするのは難しいということなのかな。

  • "「エリアス」
    「うん?」
    「今の私はあなたの弟子で先生でもありますけど
    一番最初の時 あなたはどうして私をお嫁さんにするつもりだなんて言ったんですか?」"[p.96]

    一番最初から登場していたサイモンの過去が明かされて、そういう最初から登場していた(且つ途中に登場していなかった)キャラに焦点が当たるとごそっと闇が出てくるの良いなぁ。
    秘密がないというアイザック、フードを被ってるのが一番の謎だよ……。
    ルーシーはなぜ魔術師になりたいか否かを知りたがるのだろう。
    リアンの瞳が良いなぁ。眉が見えにくいからか表情の変わりが鈍く見えてたけど、「家は関係ない」のシーンすごく良かった。

  • しばらくみない間にチセちゃんが成長していた。

  • カレッジ編が始まったことで、チセの人間関係が大きく広がりを見せたタイミングでまさかサイモンの過去が明らかになるとは思わなかった
    エリアスへのやんわりとした態度から、彼の役割は教会から派遣されるだけの閑職かと思いきや、そうではなかったようで

    サイモンについてはあまり背景が描かれなかったのも有って、魔術についての知識は深くないがエリアスについてはよく知っている人物くらいの認識で居たのだけど、割と魔術サイドに近い人間だったのね。というか人を呪い殺せるレベルのジンクスを抱えているとは思わなんだ
    ということは、もしかしてサイモンにとって、殺しても死にそうにないエリアスと普通の人間とは異なる付き合いが出来るのって、彼にとって一種の救いのようなものでも有ったのかな?
    エリアスとサイモン、どこかちぐはぐだけど息の合った遣り取りが出来るこの二人の関係はいつの間にか友人のようなものになっていたのか

    そしてカレッジでは何やかんやと騒動の中心に近づいて行くチセ
    これまでは魔法を中心とした世界に居たから、チセが狙われる理由はスレイ・ベガの特性に因るものだった
    カレッジは魔術を中心とした学生の世界だから、スレイ・ベガ云々よりも魔法使いであること、他の生徒と異なる身の上であることで話題になってしまう
    チセにとっては色々と嫌な思いである小中学生時代に似た境遇になりつつあるようにも見えるけど、今のところは上手くやれている感じ。
    やはりチセにはこちらの世界の方が有っているのだろうね

    一方でエリアスが何故自分を嫁にすると発言したのか、その背景を知ったチセ。試しにとエリアスのその真意を問いただしたのだけど……
    この巻では答えはお預けか。これにエリアスはどのような答えを返すのかな?そして今はその答えは変わっていたりしないかな?ちょっと気になる

    それにしてもあっさり流されたけど、灰ノ目はステラに何を吹き込んだの……?

  • 読了。ハリー・ポッターみたいだ。

  • 環境の変化と様々な人との関わりはチセにエリアスに変化を及ぼす。
    思いがけないサイモンの告白、ラハブの話、ゾーイの秘密、等々。
    また、「教会」、学院の「七つの盾」の事や、灰の目とステラ、
    レンフレッドとアリスの関係もこれからの話の流れに影響の予感。
    む~。この巻だけでフラグが幾つもある感じがします。
    日本では人と付き合いが難しかったチセですが、
    英国に来て、エリアス絡みから様々な大人や人外と接し、
    年の近いアリスやステラとの交流で緩和されてきました。
    そして、同年代との学院での生活。
    一癖も二癖もありそうな同級生たちに揉まれて、
    どんな青春を過ごすことになるのか、楽しみです(^^♪

  • 一度話をたたんで、もう一度拡げ始めているんですかね。1個1個のエピソードはそこまで繋がっていないように感じる。

全13件中 1 - 10件を表示

ヤマザキコレの作品

魔法使いの嫁 11 (BLADE COMICS)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×