魔法使いの嫁 18 (BLADEコミックス)

  • マッグガーデン
3.91
  • (7)
  • (15)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 333
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・マンガ (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800012401

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • サージェント邸での暴走。「吸収」され、ばらばらになったが、
    「かけら」を拾い集めて、彼らは元の姿に戻る。
    疑念を胸にリズベスの所に赴いたフィロメラは、絶望の淵へ。
    だが、チセたちの登場と言葉に「たすけて」と叫ぶ。
    襲われるフィロメラをかばう、アルキュオネ。
    そこに現れたのは・・・物語は波乱を含む展開に。

    リズベスの回想は、家と生業に捉われる彼女自身の歩み。
    息子アダムへの歪んだ母性と執着は、ある意味、狂気です。
    それを増長させた、あの悲劇と渡された本。
    これは写本か?偽書か?渡したのは何者か?
    そういえば、マリエルが過去に、とある家から売り出された
    魔導書の中にあった話をしてたけど、これも関連があるかな?
    ウェブスター家の悲劇の謎も、まだ解明されていないし。
    また、「かけら」を拾い集めて、
    それぞれの心の奥深くにある過去を、真相を垣間見て、
    語り合う場面では、アイザックやルーシーとの距離が一気に
    縮まったという感じがしました。そして、
    激しい戦いの中で、消滅する前にアルキュオネは「記録」を
    渡す。「あなたの「記録」じゃ、あなたが足りないのに・・・」と
    涙するフィロメラの表情に、ふと涙ぐんでしまいました。
    禁書に取り込まれたリズベスを追い詰めるアダムの呪い。
    そして人狼の女、女神モリガンが登場!
    この混沌はどう展開されるのか?次巻が楽しみです。

  • チセはバラバラになったフィロメラを、一つづつ拾い集める。
    記憶を元に構成するフィロメラの過去。
    チセと似てる所がある…
    アルキュオネとリズベス(フィロメラの祖母)の戦い。
    アルキュオネから出てきたのはアダム(フィロメラの父)と
    フィロメラへの記録。
    無事に幼少の記憶を手にしたフィロメラ。
    アダムとリズベスとの戦いの図の中で、女神モリガンが姿を表す。


    はて、何故ここで女神が?
    と、戸惑い中ですが・・・
    とりあえず、今後の展開に期待!

  • カレッジ編になってから幾度か行われてきたチセとフィロメラの交流、最初はその交流がどのような意味を持つのか測りかねていたのだけど、こうしてチセとフィロメラによる過去探訪が描かれた事でようやく腑に落ちた気がするよ
    両親に愛された記憶が限定的で、その後の生活でひたすら邪険にされて、受け止めてくれる人なんて居なくて。
    だからあの日のチセは飛ぼうとした。でも様子を見る限りフィロメラは飛ぼうと思う事すら出来なかったタイプか…
    その点においてはチセとフィロメラに違いが有る。受け止めてくれる人々に出会えたから、チセはいずれ出会えるかもしれない優しさや救いを示唆してやれる

    フィロメラに向き合おうとするのがチセだけでない点はカレッジ編の特徴と言えるね。アイザックにルーシー、あの屋敷には来てないけど他の学友だってきっと同じ
    今のフィロメラは一人ではない。でも本人がそう感じる為には自分は一人だとどうして感じるようになったのか、その原点と向き合う必要があったわけだ
    ウェブスター家が襲われた真相、祖母から命じられた悪行。それによって感じた学友との距離。全てと再び向き合って、その意味を受け止めて。そうして始めて次の言葉が生まれてくる
    ただ、フィロメラの意思だけで変えられるほど事態は簡単ではないのだけど…

    フィロメラの祖母、リズベスが抱えた闇はとても人間的なものが始まりに有るけど、その過程で採った選択が禍々しい為に彼女を人間から遠ざけているね
    家格による強烈なプレッシャーに身と心を苛まれていたリズベス。自身の優秀さを頼りとした為に血を継ぐアダムを絶対視したのか…。リズベスが更に歪む事になったのはアダムの反抗だけど、その前に彼女が親としての情をアダムに見せなかった事がそもそもの原因のような気もするけどな……
    だからアダムがその従順な顔の裏で何を思ったか、何を考えているかを全く知らないままに裏切られてしまう。問題はその裏切りの果てにフィロメラがリズベスに利用される事態が始まってしまうことで…

    唆す声に導かれて、肉親の情を求めて、自分や周囲の者を不幸にしてしまう事を考慮の外に追い遣ったフィロメラが辿り着いた終焉。リズベスの甘言は全てフィロメラを贄として利用するためだったなんて酷い話…
    身をボロボロにした果てに得られた物なんて何もないと絶望したフィロメラが声に出せた「――たすけて」は感動的。フィロメラはようやく自分がどうなりたいかを理解できたわけだ

    そうして子供が一つの巣立ちをしたと見届けたアルキュオネは親代わりの役を降りる運びになるわけだけど、彼女の中からとんでもない存在が出てきたね……
    アダムを求めて暴走するだろうリズベスの為に用意されたカウンター。フィロメラに温もりを与える為のものではなく、温もりが奪われた際に発動する嫌がらせ
    そんな悪意に拠って混沌とした状況に降り立つのがまさかのモリガンとか……!これ、どうなってしまうのさ…

  • ktkr女神モリガン。新旧の神対決が始まるの!?ハルマゲドンになったりしない!?みんな過去になにかしらのものを抱えてる。アイザックのことも気になるのよね。見た目的に前野くん声で読んじゃうのはマントのせいかしら?ルーシーのとこの蜘蛛子ちゃん見ると、うちの室内に住む蜘蛛子ちゃんたち(複数)を思い出すな。ぴょんぴょん飛んで移動してて、踏まないか心配。危ないとこにいるときは手で捕まえて移動させる過保護っぷり(笑)さて、来春新刊ではどんな展開になるのか!?

全4件中 1 - 4件を表示

ヤマザキコレの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×