秘密結社にご注意を

著者 : 新藤卓広
  • 宝島社 (2013年2月12日発売)
3.52
  • (7)
  • (36)
  • (36)
  • (6)
  • (0)
  • 本棚登録 :195
  • レビュー :37
  • Amazon.co.jp ・本 (345ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800205537

作品紹介・あらすじ

会社をクビになった青野が再就職したのは…なんと、秘密結社!?業務内容は、ボスからメールで下される指令を実行するのみ。ストーカー事件、誘拐事件、空き巣事件。それぞれの事件がひとつにつながり、そして-。選考委員絶賛のユーモア・ミステリー。第11回『このミス』大賞優秀賞受賞作。

秘密結社にご注意をの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この類の展開は好物なんで楽しめた。ただ終盤に若干粗さが感じられたのが勿体ない。

  • 平成29年10月11日読了

  • 「このミステリーがすごい!」大賞優秀賞(2013/11回)

  • 最初は少し微妙かなーと思ったのですが、読み進めるにつれて面白くなっていきました。
    本文中の知り合いが6人つながれば、世界中がつながると言うのを地でいくような世間の狭さがちょっとびっくりでした。

  • ドタバタ活劇で、伊坂幸太郎氏の作品に似ていると感じた。

    細かいところに伏線が散りばめられていて、繋がるところはとても面白かった。任務の中で、ゲーセンで子供から席を譲って欲しいという、くだりは特に良かった。大笑い。
    シリーズされると面白いのにな。

  • □ 14127.
    〈読破期間〉
    2014/7/6~2014/7/10

  • このミス大賞作品。
    ミステリー。。というよりコメディチックな活劇。

    最後のどんでん返しが、前半をどうでも良くさせてくれる。

  • 「このミス」の優秀賞。

    誤解がもとでリストラされた青年が、秘密結社にスカウトされて働き始める物語。
    晴れの日に傘を差して歩くことや、商店街をひたすらウォーキングすることや、ゲームショップのテストプレイ機を独占することが、秘密結社の仕事内容。

    伊坂幸太郎とか道尾秀介あたりに影響されたのかなと思うような構成。
    ひとつひとつは意味がよくわからないような伏線(線というよりも点)を細かく散りばめて、同時に進行する別の事件と関連していくクライマックスで全ての伏“点”を回収する。
    デビュー作でこの構成力はすごいと思った。
    とにかく緻密だ。

    ただ、緻密=細切れになってしまっているのが惜しいところ。
    欲張りすぎたというのもあるかもしれない。
    読み終えた時の、正直な体感としては、登場人物が多分2~3人多かった。
    隅々まで気を配ろうとしたばかりに、そしてそれを、そうとは明らかにせぬまま盛り込もうとするばかりに、「一見無関係な関係者」を登場させることで、人間関係がもう一段階複雑になってしまっている。もちろんそれも楽しめる要素ではあるはずだけれど、それぞれに割り当てる文章量はさほど多くないので、結果、細切れの印象になってしまう。

    場面転換の多さも、スピード感と紙一重の細切れ感。
    ラストに向かって一気に収束していく爽快感も、どこか途切れがちで、やや力強さに欠ける。

    ただ、細部まで漏らさず回収しようという緻密さと丁寧さは光るので、まだ若いこの作家さんが、次回作以降で読者を巻き込む力強さと文章のテンポを身につけていったら面白そう。

  • このミス優秀作品
    秘密結社に就職したい青とそこで働く人々のいままでの人生と、そこからの人生が上手くからんでいて、
    最後にほぉーーーっとなった。
    時系列がかなりいりんでいるが、付箋に注意して読んでいると、解決した時に楽しかった
    さすがこのミスだなーとおもった。

  • 謎の秘密結社の活躍を描くエンターテイメントミステリー。

    伊坂幸太郎風な構成、映画の「スティング」を髣髴させる仕掛け、など面白く一気読みしました。
    時間軸もバラバラないくつかのエピソードが一つの結末に収束する、伏線の回収力はすごいです。
    ただ、一つ一つのエピソードがバラバラの視点で描かれているのと短いため、インパクトの薄いエピソードが後で思い出せなくなるなどの未熟さが気になりましたが、新人としては十分な完成度と思います。
    次回作、秘密結社シリーズでもよいかも、を期待したいと思います。

全37件中 1 - 10件を表示

秘密結社にご注意をのその他の作品

新藤卓広の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

秘密結社にご注意をを本棚に登録しているひと

ツイートする