名物「本屋さん」をゆく (宝島SUGOI文庫)

著者 :
  • 宝島社
3.34
  • (4)
  • (12)
  • (27)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 259
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800207487

作品紹介・あらすじ

都内60ヵ所に及ぶ、個性的な町の本屋さんとブックバーを紹介!独自に本をセレクトし、棚作りに工夫を凝らす新刊書店。「昭和」「サブカルチャー」「辺境」「車」「エロ」など得意分野を打ち出した古書店。雑貨販売、ブックカフェ、ブックバーを兼ねた書店など、ちょっと変わった町の本屋さんがずらり。実際にお店を訪ね取材したからこそ知り得た、店主の人柄や、お店の雰囲気、オススメ本などの情報も満載。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 知られざる本屋さんも載ってるかな?

    宝島社のPR
    「『さいごの色街飛田』がベストセラーになったノンフィクション作家、井上理津子さんが、日刊ゲンダイで連載している「本屋はワンダーランドだ!」を一冊にまとめたものです。出版業が斜陽産業といわれるなか、さまざまな本屋が、自らの個性を前面に出して、お店作りに励んでいます。そのなかで、特に井上さんが気になった本屋さんを紹介。専門書店から、街の個性的な本屋さん、古本屋、そしてブックカフェまで。本好きなら一度は行ってみたい本屋さん60店舗を、井上さんの視点から、そのワンダーランドぶりを解説します。」

  • やっぱり本屋って楽しい。こんな本屋が近くにあったらな♪

  • 行ってみたかった本屋さんで目について購入。好きな本屋さんになった。近くのビールも良かった。
    この本で紹介されている本屋さんにもちょこちょこと訪れてみよう。お酒飲みメインにならないように言い聞かせよう。

    「さいごの色街 飛田」のライターさん。

  • 東京の古本屋さんを紹介した日刊ゲンダイ連載のまとめ。
    60店舗が収録され、それぞれの特色が簡潔にまとめられている。

    紙の本が売れない、本を読む人が少なくなった、と言われる昨今だが
    「そんなことはない」という店主の言葉が心強かった。

    紙の本やそれを扱う店に求められるのは、ニッチでマニアで
    手触り感のある内容なのかなと感じた。
    カフェやバーと併設されているというのは、そうした層に
    合っているのではないかと思う。

    自分は日頃本を読む方だけれど、古本屋はハードルが高くて
    あまり立ち入ったことがない。
    気になった店舗へ時間を見つけて訪ねてみたいと思う。

  • 2013/11/06に紹介された本

  • 静岡に住む人間にとって羨ましいの限りである。いつか行きたい。そう念じながらこの本を閉じる。
    ブックバーとか反則!

  • 図書館にて。
    私の住む家の最寄り駅前には本屋がない。
    ちなみに隣の駅にもない。
    一番近い本屋は隣の隣の駅前まで行かないとない。
    本はネットでも買えるが、本屋さんという空間の楽しさはまた別物だと思う。
    昔ながらの本屋さんも、いまどきの巨大な本屋さんも、この本に紹介されているように何かのテーマが合って本が集められている本屋さんも大好きだ。
    ちなみにビレッヂバンガードなんか行こうものなら半日出られない。
    この本は写真が満載で、頑張って遠出して取り上げられた本屋さんを回ってみるのもいいなと思った。
    ただ、個人的にはブックバーは行かない気がする。
    多分好きなのだけれど、お酒を本にこぼしたりするのが絶対に嫌なので。お酒を飲んだ自分が絶対こぼさないという自信もないし、人が本に何かをこぼすところなど見たくもない。まだブックカフェなら大丈夫かな。
    お酒を出すお店は、その辺心配じゃないのだろうか?

  • 都内の様々な古本屋・新刊書店を紹介する本。
    タレントのムックに特化して集めた本屋、旅や各地の雑貨などがテーマの本屋…一言「本屋さん」といっても、様々なお店があり、それぞれがとても魅力的。
    思わず足を運びたくなるレビュー本です。

  • 日刊ゲンダイに連載されていたという、都内を中心とした、個性的な本屋のガイド。一店舗あたり2〜3ページと短く、内容は掘り下げられないものの、店主との会話からいろいろなものが伝わってくる。
    本の束が山積みの昔ながらの古書店から、代官山蔦屋まで、紹介されている本屋はバラエティに富む。
    本の匂いのするあの空間に行ったような気になれた。内容が短いことは、気になった店には自ら行きたいと思わせる効果もあった。

  • 著者と一緒に本屋巡りをした気分になれた。
    ビールやワインもひっかけながら。
    人の数だけ好きがあって、本屋さんの個性とリンクする。
    本の存在が生きる事に直結しているって素敵な事です。

全23件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1955年奈良市生まれ。タウン誌記者を経て、フリーに。長く暮らした大阪から2010年に東京に引っ越すも、たびたび帰阪している。
著書に『大阪 下町酒場列伝』『旅情酒場をゆく』(以上、ちくま文庫)、『新版 大阪名物』『関西名物』(ともに共著、創元社)、『遊廓の産院から』(河出文庫)、『さいごの色街 飛田』(筑摩書房/新潮文庫)、『葬送の仕事師たち』(新潮社)、『親を送る』(集英社インターナショナル)などがある。

「2016年 『関西かくし味』 で使われていた紹介文から引用しています。」

井上理津子の作品

名物「本屋さん」をゆく (宝島SUGOI文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする