ヤクザ500人とメシを食いました! (宝島SUGOI文庫)

著者 :
  • 宝島社
3.00
  • (0)
  • (2)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 34
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800207753

作品紹介・あらすじ

極上冷麺一杯のために韓国まで飛行機で乗りつける親分、鮫やサソリまで飼う"動物愛好家"の親分、愛人を集めてバンドを結成させた親分。前代未聞の怪作『ヤクザ1000人に会いました!』の著者が、食という人間の本能的欲求を入り口に、現代ヤクザ社会の知られざる日常を描き切った突撃ノンフィクション。小原康弘画・鈴木智彦原作によるリアルな特別漫画も収録。「親分の晩御飯見せてください!!」。極道、仰天のプライベートを大公開。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あまり知らないヤクザな世界を知ることができた。
    最後の方の各地域のヤクザ勢力解説は正直興味がなくダレたが、実に興味深い一冊だった。

    ヤクザを美化しているわけでも、一方的に批判しているわけでもなく、極めて冷静な内容であり、大変好感がもてる。

  • 「へぇ〜」となるネタがちょいちょいあって、暇つぶしにはよかった。
    昔のヤクザは刺青の針を使い回してC型肝炎から肝臓癌になったりしてたけど、今は衛生観念が進んで軟膏塗ってサランラップを貼るとか。

  • 読みたかった本書が、無事に一年くらいで文庫化。
    名古屋は弘道会という最強の組がいるから、ぼったくりがほとんどない、
    ということ。
    方や札幌・ススキノの悪質な呼び込みは、色々なヤクザ組織が
    からんできているので、日本一悪質で荒っぽいというところ。
    ちなみに札幌の性風俗店は、合計304店(内ソープランド43店、
    ヘルス238店)。そんなに多かったかな。

    鈴木さんのリアルな現場主義、そこから出てくる、この(ヤクザ)世界の
    業界の衰退とその不安は、どうなってくるのだろうか。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

鈴木 智彦(すずき ともひこ)
1966年生まれのカメラマン、ライター、ジャーナリスト。日本大学芸術学部写真学科へ入学後、すぐに中退。スタジオマン、アシスタント、フリーカメラマンを経て『実話時代』編集部入社。2000年にフリーのカメラマン兼ライターとなる。ヤクザ・暴力団に詳しい「暴力団取材のエキスパート」。
代表作に、映画化された『我が一家全員死刑』、『潜入ルポ ヤクザの修羅場』、『ヤクザと原発 : 福島第一潜入記』。
築地市場への潜入労働も行った『サカナとヤクザ: 暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う』を、豊洲市場の開場日2018年10月11日に刊行。

鈴木智彦の作品

ツイートする