本を読んだ人だけがどんな時代も生き抜くことができる

著者 :
  • 宝島社
3.68
  • (14)
  • (28)
  • (19)
  • (4)
  • (3)
本棚登録 : 328
レビュー : 33
  • Amazon.co.jp ・本 (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800212139

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 多様なジャンルの本を読むことにワクワクした。特に、小説に対する認識が変化。「小説は間接的だからこそ、我々により深い気づきを与えてくれるのだ」。直接的なメッセージがない分、思考力や想像力が喚起されるからだろう。

  • 本をたくさんよむ人にもあまり読まない人にもオススメ。
    どういう視点を持って本を読むかで得られるものは変わる。
    帯にも書いてあるが、考え方の軸を作ることの大切さがわかる。

  • 著者おすすめの本を紹介してる本。
    おもしろそうな本が紹介されていた。

    内容とは関係ないけれど、文字組みや文章のレイアウトがむちゃくちゃ綺麗で読みやすくて驚きました。

著者プロフィール

愛知県出身、東北大教育学部卒。日系保険会社、大手コンサルティング会社を経て独立。のべ3300人のエグゼクティブ、1万人を超えるビジネスマンと対話の経験を活かし、執筆・講演・コンサルティング等で活動中。

「2019年 『いつまでも変われないのは、あなたが自分の「無知」を認めないからだ。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

千田琢哉の作品

ツイートする