逆に病気を呼び込んでいる44の健康法

著者 :
  • 宝島社
3.44
  • (2)
  • (0)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800222978

作品紹介・あらすじ

巷にはさまざまな"健康法"があふれています。しかし、ほとんどの人が"常識"だと思っていることに医学的な根拠がなく、間違っていたりすることが少なくありません。あなたのその"健康法"、大丈夫?やめるだけでもっと長生きできる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 何よりもストレスが天敵

  • 北海道大学医学部卒業、ハーバード大学医学部マサチューセッツ総合病院留学の経歴をもつ著者の分は読みやすく根拠があるい、情報の裏がとってあるので信憑性が高くてよかった。

  • 冷えとりの川嶋先生が、医療・健康系情報について、真偽を記している一冊。何が常識で、何が事実なのか、これだけ情報が流布すると、わけがわからなくなります。
    確かに、インパクトがある方法は、印象に残りますが、本当にエビデンスがあるのか?と問われれば、怪しいものがたくさんあると気づかされます。

    では、冷えとり(靴下の重ね履き)はどうなのか?と、第三者目線で考えてみると、ここにも疑問符は残ります。

    結局、情報に振り回されすぎずに、自分の身体に合う方法で、健康を維持するということが何よりも大切なのだと実感させられました。

  • 冷えはあらゆる不調の原因。間違った認識で自分の体を冷やしていたかも。コレステロールも悪者ではない。食事からの影響はほんのわずか。発酵食品が良いのはもはや共通認識か?

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

1957 年東京都生まれ。北海道大学医学部在学中に東洋医学研究会を創設・主宰。その後、東京女子医科大学大学院修了。
ハーバード大学医学部マサチューセッツ総合病院留学後、東京女子医科大学准教授を経て、現在は東京有明医療大学保健医療学部診療学科教授に。
一般財団法人 東洋医学研究所付属クリニック自然医療部門も担当。
自然治癒力を重視し、近代西洋医学と、代替・相補・伝統医療を統合した医療を目指す。体温や冷えに関する著書や健康に関するテレビ番組への出演も多い。

川嶋朗の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
月村 了衛
佐々木 圭一
マリナ アドシェ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする