「がん治療」のウソ (宝島社新書)

  • 宝島社
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800223234

作品紹介・あらすじ

「常識」とされているがん治療の知識は、実は間違いだらけである-。なぜそんなウソがまかり通るのか。それは病院や医師にとって都合がよいからにほかならない。本書は「がん治療」における"不都合な真実"を現役医師たちへのインタビューと取材により明らかにした。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 近藤先生とホスピス医の小野寺先生(元外科医)との対談のほか何人かの先生に医療の問題点を指摘していただいたことや記者が取材したことを1冊の本としてまとめている。
    対談では、進行がんに対して日本では思い込み治療が横行していることを問題視している。
    病理医の福嶋先生は、病理医の不足を嘆いている。
    里見先生は、余命の宣告と病院ランキングはナンセンスと断言。数字が一人歩きを始めることを問題にしている。
    腫瘍医学の高野先生は、治療が人生の目的ではなく、がんと上手く付き合うことだと書いている。
    岡田先生は、がん検診が意味がないことを指摘。

  • 参考になった。

  • 参考になりました。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

1948年東京都生まれ。近藤誠がん研究所所長。73年慶應義塾大学医学部卒業、同大学医学部放射線科入局。79~80年アメリカ留学。83年から同医学部放射線科講師を務める。乳房温存療法のパイオニアとして知られる。96年の『患者よ、がんと闘うな』(文藝春秋)以降、医療界にさまざまな提言を行っている。2012年には第60回菊池寛賞を受賞。14年慶應義塾大学医学部を定年退職。13年「近藤誠がん研究所 セカンドオピニオン外来」(http://kondo-makoto.com/)を開設している。

近藤誠の作品

ツイートする