神社仏閣に隠された日本史の謎と闇 (宝島SUGOI文庫)

著者 :
  • 宝島社
2.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 25
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800223654

作品紹介・あらすじ

中世の日本では、天皇家を巻き込んだ陰謀によって京都の闇の中から次々と皇族や貴族の怨霊が現れる。いつしか日本は怨霊の跋扈する国となり、その結果、彼らは神として祀られたり、仏の世界に封印されることで鎮められてきた。本書は読者の皆さんを闇の世界に誘うため、こうした怨霊を封印した神社仏閣を紹介しつつ、弾圧した側が作り上げた歴史に鋭く斬り込み、真実の歴史を解き明かす。

著者プロフィール

1959年、岡山県生まれ。作家、ジャーナリスト。『太閤の復活祭~関が原秘密指令』(2001年度「本の雑誌が選ぶ総合ベスト10」第7位)『軍師の秘密』(「プレジデントが選ぶ傑作歴史小説100選」)など著書多数。

「2018年 『救世主の条件 下』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中見利男の作品

ツイートする
×