マンガでわかる! マッキンゼー式ロジカルシンキング (まんがでわかるシリーズ)

著者 :
制作 : 大舞 キリコ  星井 博文 
  • 宝島社
3.73
  • (42)
  • (69)
  • (54)
  • (14)
  • (3)
本棚登録 : 736
レビュー : 77
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800241245

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 安定の内容。

    あらためてA4メモの実用性を実感。

    これまでは仕事で行き詰まった時だけA4メモを実践していたが、これからは毎日10枚程度を実践して行こうと思う。

    また、2×2のフレームワークも使いこなせるように練習していこうと思う。

  • マンガでわかるー系の本としてはこれ以上望むものはないのでは?

    単語の紹介でおわり!ではなく、具体的な方法が記載されており、すぐに取り組めるものしかない。物事の思考や整理のフレームワークは星の数ほどあるが、その中でもエッセンシャルなものを書いてくれているイメージ。実際 ○RI の社員が出してきた資料はここら辺の考えが入ってるんだなと、実世界でも目にします。

  • 漫画なのでさらっと読める。ゼロ秒思考を得るための訓練はとても簡単なため誰でもすぐに実践できる。ロジカルシンキングについては色々な本があるが、初めて読む本にお勧めしたい一冊だ。

  • 非常に分かりやすくためになる。自分もやってみようかな、と思えるように、とても簡単そうに書いてあるのが良い。
    「人生が変わります」とか「夫婦でも役に立ちます」とか、ちょっと宗教臭いのが難ですがw

  • 面白かった。
    ありえず、一つのテーマを決めて、それをその下に、箇条書きに思い浮かぶことをリストアップしていく。1分間に限定して。

    それで、それを続けていくうちに、ロジカルシンキングができるようになるという話。
    ロジカルシンキングっていうのは難しいことじゃなくて、聞いている人が伝わればいい。

  • 読了時間25分、マッキンゼー式ってことなので、マッキンゼーではどのような手法でロジカルシンキングをしているのか興味があったので読んでみたけど、マッキンゼーで使われている方法ではなくてマッキンゼーに勤めていた著者が考えた思考の整理術だった。



    しかもロジカルシンキングといいながらMECEのような概念や、仮説の検証、命題や必要条件、十分条件などの話はまったくなく、A4用紙に閃きを書き出す、2x2マトリクスを使って事象を分類する、現象ー原因ー対処 にわけてロジックツリーで考える、というような内容だけだった。



    漫画の主人公がマッキンゼーに勤めているってだけで、マッキンゼー式ロジカルシンキング、まったく関係ないやん!



    読むだけ時間の無駄だった。



    中学生か高校生くらいに自由研究の整理方法としてこういうやりかたもあるよと教えためという程度にはいいかもしれないけど、それにしてももっと適切な本がありそう。

  • マジおすすめ!著者のマッキンゼー流のメモ書きなど、ロジカルシンキングのためのスキルを身につけられる。ツールもいくつか紹介されていて、すぐ実践できて良い。

  • ロジカルシンキングのすごさが漫画でわかる。これを身に着けたら人生変わる。

  • 非常に良本。ゼロ秒思考がすぐに実践できる。漫画の内容も親近感が湧き面白い。私自身ゼロ秒思考を試して効果がありました。

  • 1分間思考

著者プロフィール

1978年、東京大学工学部卒業後、小松製作所でダンプトラックの設計・開発に携わる。 スタンフォード大学大学院に留学し、機械工学修士、修士上級課程を修了。1986年、マッキンゼーに入社。経営戦略の立案と実行支援、新組織の設計と導入、マーケティング、新事業立ち上げなど多数のプロジェクトをリード。 ソウルオフィスをゼロから立ち上げ、120名強に成長させる原動力となる。 2002年、「ブレークスルーパートナーズ株式会社を共同創業。 大企業の経営改革、経営人材育成、新事業創出、も積極的に取り組んでいる。

「2017年 『最速のリーダー 最少の時間で最大の成果を上げる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

赤羽雄二の作品

ツイートする