京都の裏社会 山口組と王将社長射殺事件の聖域

  • 宝島社
2.31
  • (0)
  • (1)
  • (5)
  • (4)
  • (3)
本棚登録 : 47
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800242099

作品紹介・あらすじ

白いカネでも、黒いカネでも。裏の仕切りはヤクザ-。神社仏閣と利権屋が結託し、ときには人も死ぬ。現代京都の衣を剥げば、日本闇社会の「縮図」が浮き上がってくる!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 餃子の王将社長殺人事件をはじめとして、京都のダークサイドを世に知らしめる本。こんなこと書いて著者たちは報復を受けていないのか、他人事ながらちょっと心配してしまう。
    個人的には醍醐寺、東本願寺そしてエムケイの話に興味津々。
    ただ、各エピソードとも登場人物とその関係が複雑で文章だけだとわかりにくい。王将篇のときのように、相関図が各エピソードにあればよいと感じた。

  • いつも通りの展開のような気がする。

  • いやあ,暴力団と部落解放同盟,怖いですね.

  • ふーん

全5件中 1 - 5件を表示

一ノ宮美成の作品

ツイートする