このマンガがすごい! comics 翔んで埼玉 (Konomanga ga Sugoi!COMICS)

著者 :
  • 宝島社
3.33
  • (30)
  • (85)
  • (122)
  • (30)
  • (12)
本棚登録 : 1098
レビュー : 131
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800249395

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 学生時代の半分近くを埼玉で過ごした身として興味深く一気に読んだ。
    30年以上前に描かれた作品にもかかわらずギャグも古さを感じさせない。いい作品は時の試練にたえるものだと改めて感じた。
    都民に虐げられている埼玉県民が更に茨城県民を虐げる様子など、埼玉県以外も登場して面白かった。
    著者の引越し等により作品の完成まで至らなかったのが残念でならない。
    何らかの形で続編を発表してくれる事を切に期待している。その時は是非他県の描写も増やして欲しいと思う。

  • 話題になっていたのでつい。

    「三越は東京都民の行く所だ!埼玉県民は星友にいけ!」
    「ああいやだ!埼玉なんて言ってるだけで口が埼玉になるわ!」
    「そこらへんの草でも食わせておけ!埼玉県民ならそれで治る!」

    埼玉disの嵐!

    そしてとばっちりで埼玉よりdisられる茨城!
    「茨城!?茨城というと埼玉のさらにお口にあるといわれるあの日本の僻地!?」
    「さわるな茨城県民。ケープがくさる!」

    埼玉県民は都内に行くのに通行手形が必要だという世界観の物語(※地名はフィクションです!)
    名門と名高い東京の白鵬堂学院は「都会指数」によってクラスが分けられていて、生まれ育った場所で差別されている。そこに転校生としてやってきた第実業家の息子でアメリカ帰りの麗は学業優秀、スポーツ万能。しかし、実は埼玉県出身で埼玉を差別から開放しようとしている。一方、学院の自治会長の白鵬堂は埼玉を蔑視している。この二人が、なんだかんだで埼玉を救うために立ち上がる・・・?

    という壮大な?ストーリーが、少々、腐っぽい要素を交えて展開されるのだが、物語が大きく動く前に中断?されてしまっている。そのため、とても宙ぶらりんな感じではあるのだが・・・それでもなお、埼玉へのdisっぷりがとても面白いのだ(※フィクションです!!)。

  • 映画を見てやっと購入。
    映画も面白かったが、漫画は勿論最高。
    流石、魔夜峰央先生。

  • 「埼玉なんて言ってるだけで口が埼玉になるわ!」
    でもうダメだった(笑)
    なんだそれ!

    ぶっ飛んだ設定がぶっ飛んだまま、何のツッコミも入らずに展開していく魔夜峰央ワールド。
    ここにバンコランが居れば突っ込んでくれただろうに、と思わざるを得ない。
    とにかくツッコミ不在のボケ倒しなので、読者がセルフで突っ込むしかない。
    サイタマラリヤってなんだよう…!笑

  • 評判になっていたので買ってみました。
    関東一都六県のヒエラルキーがよく表れてますね。あと何故かBL要素が濃いです(笑)。
    埼玉をさんざんコケにしながらも、作者の屈折した埼玉愛を感じられる作品でした。
    茨城県民が埼玉県民以下扱いされる描写に納得しつつ、自分も群馬出身なので
    群馬も同列かそれ以下なのだろうなぁと自虐の気持ちで読めました。

  • 以前ネットで見かけて気になっていました。
    冒頭にあるとおり飽く迄フィクションで、
    埼玉ネタは殆ど無く、たまたま現実の地名と似ているだけ
    といった感じです。

    私も埼玉に住んでいたことがありますが
    嫌な気持ちになるところは全くありませんでした。

    魔夜ワールドが楽しめる作品ですし、ちょっと続きが気になってしまいました。

  • 何十年ぶりかの魔夜峰央さん。いろいろ酷い。でも相変わらずのノリだな、と思ってたら、昔の作品なのですね。懐かしい。でもやっぱりいろいろ酷い。良い意味で(笑)

    表題作はとても面白かったけど続きはないんだ。読み切りの「時の流れに」と「やおい君の日常的でない生活」良かった。より魔夜さんらしいお話し。

  • 『やおい君の日常(的でない)生活』は、タイトルだけ知ってたけど読んでなかったなぁ。
     埼玉蔑視の言訳がよく解らないが、まぁお約束の「差別」が適用されて、描かれる。うんうん。
     『時の流れに』は、茨城が、今度は蔑視されてたのが、いろいろあって日本の首都になった時のアレで、その当時の、地方のど田舎がなんかやる。
     ハーレクインロマンスとかで、タイムトラベルネタは1970年代以前からありさうだけど、恋愛ものに必要な「壁」の言訳に時間を持ってこれる、アレが少女マンガにあったと言ふのがすごい。
     やおい君は、まうちょっと働いてほしいなぁ。

  • 「パタリロ!」の魔夜峰央先生による埼玉ディスりまくりギャグマンガ。
    マツコさんの「月曜から夜ふかし」みてたら内容紹介されてて、あまりにも埼玉が虐げられていて驚きつつ爆笑。
    20年前に「やおい君の日常的でない生活」に収録されてた作品を、宝島社から復刻出版するというので興味津々で購入しました。

    20年前の作品なので、ギャグもショーケンとかジュリーとかボルグとか古くて難解だから、多分過去のこととして埼玉の方々にも笑って赦してもらえる内容かと…
    とにかく驚愕するほど埼玉を罵倒w先生は埼玉に住んでいたそうなので、きっと自虐ネタなんですね。
    「実在の人名団体名特に地名とはまったく関係ありませんので」と冒頭にあるけど、いやどう見ても実在。
    「埼玉なんて言ってるだけで口が埼玉になるわ!」
    「三越は東京都民の行く所だ!埼玉県民は星友へ行け!」
    すごいセリフですww
    なぜか「茨城というと埼玉のさらに奥地にあるといわれるあの日本の避地!?」と、茨城までディスられてる!

    ストーリーは、都内の名門校白鵬堂学院に転校してきたアメリカ帰りの美少年の麻実麗(実は所沢出身)が、迫害に怒り「埼玉県開放連盟」という組織のリーダーとなるまでの話になっています。
    住んでる場所であれこれ言うバカバカしさをシニカルなギャグで描き出してて、ほんとに面白いです。

  • 2019.11読了。笑った。個人的にはかなり好きだけどくだらない(褒め言葉)ので星2つ。

全131件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

漫画家。1973 年『デラックスマーガレット』(集英社)でデビュー。1978 年「ラシャーヌ!」を複数の漫画雑誌(白泉社)に不定期連載開始。デビュー以来、オカルト・ホラーやミステリー調のシリアス路線が作風の主体であったが、同作からギャグ路線に変更。同年「パタリロ!」を『花とゆめ』(白泉社)で連載開始。アニメ化されヒット作となる。近年は復刻出版された『翔んで埼玉』(宝島社)や、「マンダム」「パタリロ!」第1話ほか珠玉の作品ばかりを集めたベスト作品集『う?ん、マンダム。』(PHP 研究所)などが好評を得ている。

「2016年 『魔夜峰央タロット』 で使われていた紹介文から引用しています。」

魔夜峰央の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

このマンガがすごい! comics 翔んで埼玉 (Konomanga ga Sugoi!COMICS)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×