日本人が知らない 世界中から愛される日本

著者 :
制作 : 會田 有璃 
  • 宝島社
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800251015

作品紹介・あらすじ

第二次大戦の日本軍戦死者1万人を埋葬した島民。シベリア抑留日本人の墓をロシアに背き守り抜いた国。元国王が日本人女性と結ばれた友好国から復興支援…江戸時代〜東日本大震災までの感涙エピソード33話。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 配架場所 : 一般図書
    請求記号 : 319@I100@1
    Book ID : 80100477348

    http://keio-opac.lib.keio.ac.jp/F/?func=item-global&doc_library=KEI01&doc_number=002525733&CON_LNG=JPN&

  • 世界中の国々から日本へ支援をしてくれた話。
    まあでも、江戸時代まではやっぱり閉鎖的だったんだろうなとは思う。鎖国なんてことをやってたからそりゃそうだけど。
    いろんな国の話がでてきたけど、ヨーロッパ圏が意外と少ない印象。ルクセンブルクとセルビアぐらい。名前を聞いただけだと、どこにあるのか分からない国だけど、セルビアは東日本大震災時にヨーロッパ圏で最も支援金が多かったらしい。
    後、オマーンという国の王女(ブライナ王女)に日本の血をひいた人がいるということに驚いた。彼女の父の国王が神戸にたちよった際に出会った女性(大山清子)と結婚したらしい。
    それと、スリランカがいなければ日本は終戦後、多額の賠償に苦しみ、さらにソ連の主張が通っていたら分割統治されていた可能性もあったんだとか。本当、感謝しかないなと思った。

  • 割とネットでは有名なものにソースがついた形。
    トルコと日本とか。ブータンのワンチュク国王とか。
    ODAで貢献した国もなども。

    先人日本のこれまでの功績が今にも続いているって話。
    そこまで出来なくてもせめて悪い印象だけは与えないように努力したいと思わせる。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

1954年、名古屋市生まれ。早稲田大学法学部卒業後、TBSに入社。報道局在職中の80年に、『猿丸幻視行』で第26回江戸川乱歩賞を受賞。退社後、執筆活動に専念。独自の歴史観からテーマに斬り込む作品で多くのファンをつかむ。著書は『逆説の日本史』シリーズ(小学館)、『英傑の日本史』シリーズ、『井沢元彦の激闘の日本史』シリーズ(ともにKADOKAWA)など多数。

井沢元彦の作品

ツイートする