【2017年・第15回『このミステリーがすごい!大賞』大賞受賞作】 がん消滅の罠 完全寛解の謎 (『このミス』大賞シリーズ)

著者 :
  • 宝島社
3.42
  • (49)
  • (198)
  • (239)
  • (49)
  • (10)
本棚登録 : 1406
レビュー : 207
  • Amazon.co.jp ・本 (325ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800265654

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「医師にはできず、医師でなければできず、そしてどんな医師にも成し遂げられなかったこと」
    それはいったい何なのか───

    最初は保険金詐欺だと思っていた。
    ところがその後の展開は、想像を絶するものだった。
    ”完全寛解”の謎が解けても、なんだかモヤモヤとしたものが残る。

    狂気としか思えなかった。
    たしかに一度は死と向き合い、その淵から這い上がれたとき、人生感は変わるのかもしれない。
    でも、それすらも誰かの手によって操られるなんて…
    理由はどうあれ、こんなことが許されていいのだろうか…
    人の命をもてあそんではいけないと思う。

    ただそれとは別に、治療方法や新薬の研究、治験への取り組み、がん保険のしくみ、
    専門的なことが丁寧に解説されていて勉強になりました。
    「このミス」大賞受賞作ということですが、
    単に娯楽ミステリーと割り切って読むことができたら、
    感想はまた違ったかもしれません。

    • まっきーさん
      杜のうさこさん、こんばんは。
      先日はコメントありがとうございました(^^♪ついつい返信してしまいました。

      風邪ね、まだノドが痛いけど...
      杜のうさこさん、こんばんは。
      先日はコメントありがとうございました(^^♪ついつい返信してしまいました。

      風邪ね、まだノドが痛いけど、だいぶよくなりましたよ。ご心配をおかけしました。
      熱ないんだけどつらくて、気がついたら寝てました(汗)
      そんな日が3~4日続いたので、インフルなんじゃないかなぁ~…と思いました!
      けどまた病院に行くのもつらいので、体の調子に合わせて寝てました。
      解熱剤は、私の中では解熱剤イコール痛み止めなので、頭痛を止めるために一日3回服用しました(-_-;)
      頭痛もひどくて、しんどかったです。

      『烏に単は似合わない』のお返事ありがとうね!
      読んでみたいなぁ…けどシリーズが複数冊あるから、どうかなぁ…。
      三冊くらいなら何とかなるけど、あまり多いと私の記憶が…あやしくって!(笑)

      色々と気になる本が多くて、この本もタイトルからして気になっているんです。
      けどミステリーか…と思うと不安で、なかなか踏み切れません。

      話は変わりますがブクログも、ちょこちょこと変わって残念だよね。
      もうこれ以上変わらないでほしいなぁ…と思ってます。

      季節の変わり目なので、杜のうさこさんお身体ご自愛くださいね。では、ではー(^^♪

      2018/03/20
  • 岩木一麻『がん消滅の罠 完全寛解の謎』宝島社文庫。

    医療ミステリー風トリック・サスペンス小説と言ったところだろうか。

    このミス大賞受賞作だけに完成度は高いが、罠と謎の真相に拍子抜けした感がある。また、謎の真相を追究する登場人物の言動に軽さがある割りには、謎の黒幕側が抱える背景がやたら重かったりとアンバランスさも感じてしまう。

    それでも、この作家がこの先どのような作品を描くのか興味深いところ。

  • このミス大賞ということで、期待して読んだ。
    登場人物もそう多くなく、会話主体で物語が進むので、読みやすく、半日で読み終わった。
    三分の1くらい読み進めたところで犯人というか黒幕が誰なのかはわかってしまうのだが、私は、どういうトリックを使ったのかよりも、なぜこの人がこんなことをしでかしたのかという興味でどんどんページをめくっていた。
    最後の1行まで期待を裏切らない内容だったと思う。

    後ろに「このミス」の選評が載っていて、登場人物に華がないとか、展開が地味だとか書いてある。たしかに華はないかもしれないけど、リアルにいそうな人物で、現実味がある。

    ただ、作者は女性蔑視の傾向があるように思う。
    現実世界の医者は男性が多いのでしょうがないのかもしれないが、登場する医者の多くが男性(女性は一人だけ)。
    保険会社の人も男性が上司で女性が部下だし、貧困患者の代表は女性で、富裕層の患者はみな男性。
    そして何より気になったのは、「がん細胞の培養に必要とされるのは、専門的知識よりも集中力や生真面目さだ。」と書き、「多くの女性は男性よりもこういった業務(がん細胞の培養)に向いているというのがこれまでの経験で到達した結論だった」と(唯一登場する)女性医師の心の言葉として書いている。
    この部分はストーリーに何も関係ないのになぜこんなことを書くのでしょう。それも、反発が少なくて済むように女性医師の意見として書くという用意周到さ。

    ストーリーが面白かったのに、残念です。
    星の数1個減らします。

  • 今もがん研究に関わっているので、いつかは読むべきと思っていた。築地のがんセンター・腫瘍内科医の夏目が主人公。転移性のがんが消えるという立て続けに4例経験。いずれも湾岸医療センターからの転院患者、このセンターでは患者の初期のがん細胞を培養し、切除後に再度体内に戻し、そのがん細胞を抗がん剤で叩くというあり得ない真相。内容は保険金詐欺、犯人の娘の死への復讐が入り乱れる。現在もがん研究に関わっていますが、患者さんの苦悩は痛いほどわかる。臨床家・研究者はデータに謙虚(即ち、EBM)であるべきだと思います。

  • 直前に読んだ『悪医』と同じく、がんをテーマにした医療小説。
    小説とはいえ、がんが消滅するとはどういうことかと興味津々。今話題の『このミス』大賞受賞作ということもあり期待したが、やたら専門用語が多く(一部説明はあるものの)、読みづらかったのが偽らざるところである。
    医療の専門家が書くゆえ、それは仕方のないことか。
    ひたすら、筋を追うことに大半の労力を使ってしまった。
    しかし、最後の一行には、ヤラレタ!と絶句。やはり、医療ミステリーだった。
    書中、主人公たちの会話で、「ねえ、結局、がんというものは何ものなの?」という問いに、「多細胞生物の定め」だという説明には、なるほどと納得。

  • 「このミス」大賞受賞作。余命宣告を受けたがん患者がその後、リビングニーズ特約で大金を受け取ったのにもかかわらず、がんが消えてなくなるという謎に、余命宣告をした医師・夏目と友人の保険会社社員・森川、そして同僚の羽島と共に立ち向かっていく。医療系ならではの難解な言葉は多いものの、登場人物が個人的に仲が良いので、会話自体に堅苦しさがなく、医療系ミステリーの割には読みやすかった。ただ、やはり謎の本質自体は、本当にそんなことが出来るのかどうか、素人では判断出来かねるので、「ふーん」って感じ。

  • 特に盛り上がる展開はなく、淡々と物語は進むのだが、不思議と飽きることはない。
    謎になる部分とトリックが斬新だからだろうか。ただ、驚きよりも、こんな事ができるのか、ふーん、と関心するほうが大きい。
    こんなマッチポンプのようなこと、現実にできそうな技術だから怖さも感じる。

  • どういうやり方であったのか想像したが、外れた。動機が弱い。最後の終わりも。

  • 医学ものだが専門知識は不要で、フムフムそんなもんか、と読み進められる。ラスト1行は、??って感じで読了したが、巻末のこのミス選評を読んでしばらくして、!!っとなった。

  • 夏目の友人が、羽鳥だと勘違いして読んでいたら、羽島だった。教授の動機に驚いた。

全207件中 1 - 10件を表示

岩木一麻の作品

【2017年・第15回『このミステリーがすごい!大賞』大賞受賞作】 がん消滅の罠 完全寛解の謎 (『このミス』大賞シリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×