東芝崩壊 19万人の巨艦企業を沈めた真犯人

著者 :
  • 宝島社
2.33
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800272294

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日本のエリート層の腐敗。その象徴の一つがこの東芝の崩壊だろう。社会の利益よりもまず自分の利益、プライドを優先し、人事権をタテに部下をコントロールする経営陣。圧政と隷従の企業からは衰退と消滅しか無いという事を本書が示している。
    そして最後の皺寄せが社員に及ぶ。もう一度、土光さんの真の「チャレンジ」を思い出して復活してもらいたい。

  • 独自の取材はないが、詳細にまとめた感じ。後からの批判は簡単だけど、どうなんだろうね。

全2件中 1 - 2件を表示

松崎隆司の作品

ツイートする