三度目の殺人【映画ノベライズ】 (宝島社文庫)

  • 宝島社 (2017年9月6日発売)
3.13
  • (3)
  • (23)
  • (44)
  • (14)
  • (2)
  • 本棚登録 :254
  • レビュー :41
  • Amazon.co.jp ・本 (293ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800273475

三度目の殺人【映画ノベライズ】 (宝島社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

絞り込み:

表示形式:

表示件数:

  • 最終的に何が嘘で何が真実かはわからずじまい。
    裁判がこんなデキレースなのかと思ってしまうと、改めて「裁く」とは何か考えてしまう。

  • 映画ではどのようになってるのか観てみたい

  • 映画は観てないけど面白そうだったので読んでみた。
    読みやすかった。

  • 重厚感ある心理戦…を期待していたら、淡々と月日が流れて淡々と裁判。
    あんまり悲壮感もないし…弁護士の家庭環境とかたまり関係ない話も出て来てなんとかしてボリュームを出そうという感じが見えてしまった。

  • ミステリーを読むとき、私は最後まで真犯人やオチが分からないことが多いけれど、この話は途中でなんとなく予想がついた。
    話の鍵を握る女子高生の告白が少し唐突に思えた。もしかしたら真実ではないのかもしれない…そういう疑いも読者に持ってほしいのかな。。
    個人的には、読者の想像に委ねるより、作者なりの結論を描いてくれる話の方が好きなので評価は低め。

  • これといって心動かされたり、驚いたりするような事もなく、淡々と。終わってしまった。
    訴訟経済のパートは唸るものがあったけど、それを本物っぽく思わせてくれる筆力に欠けていて入り込めなかった。映画だとまた違ったのかもしれない。

是枝裕和の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする