告白 平成プロレス10大事件 最後の真実

  • 宝島社
3.22
  • (0)
  • (3)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (350ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800280275

作品紹介・あらすじ

事実はひとつだけ-俺たちは知っている。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • プロレス内幕暴露系ムックでお馴染みの宝島社。
    ところが、最近発行するプロレス関係の単行本、例えば
    「証言UWF」などは、暴露本の色合いが少ないかなり良
    質なモノ。今回の作品も見事にソレに該当する、読み応
    えバッチリの証言集。

    興味深かったのは、この手の企画ではなかなか取り上げ
    られることのない全日本プロレスの話題がいくつかある
    こと。特に秋山準の語る四天王プロレスの話があまりに
    恐ろしい。エスカレートにエスカレートを重ねた結果が
    三沢さんの死だとするなら、その原因の一端は間違い無
    くファンである我々にもある。正直、いたたまれなくな
    ってしまった・・・。

    コレだけでなく、他のどの話題も目の付け所が良い。
    元Uインターの幹部3名(宮戸・安生・鈴木健)がまさか
    の再会を果たしているし、故・橋本真也さんの夫人であ
    ったかずみさんの談話の赤裸々さも凄いインパクト。
    お世辞抜きに、退屈しないプロレス書籍だと思う。

    いいと思うな、宝島。
    こういう本ならもう毎月出して貰ってもOK。ファンには
    オススメです!

  • 何冊読んでも新しい情報があって面白い

  • ま、こんなもんかな。

    橋本真也の死と不倫って知らなかったし、三沢光晴の死因がかなり珍しいってのも知らなかったよ。プロレスってショーだという言い方は好きではないものの、アクターズの裏側はかなり過酷なようだと感じるな。

  • うん、まぁそういうことだろうなぁ(笑)って感じかな。時代を知ってる人なら楽しく読めると思う。

  • 46-4-3

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

プロレスラー

「2014年 『逆境?それ、チャンスだよ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

長州力の作品

ツイートする