薬剤師の本音 65歳を過ぎたら飲んではいけない薬

  • 宝島社
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800293350

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 宇多川久美子さんには薬のことを中心に、運動や食事、いろいろなことを教えていただいています。処方箋を書くのは医者で、医師は製薬会社の営業から薬のことを聞いていますが、薬は6年間かけて勉強した薬剤師、食材は管理栄養士の方が詳しいですね。薬とどうつきあうかは「生き方」の問題で、大切なのは「自分の身体」と向きあうことだと思います。「薬剤師の本音」、2019.3発行。薬を服用すれば、胃袋で消化され、成分が血液で全身に行き渡る。多剤服用すれば、薬剤相互作用で予期できない化学反応が。また、体内酵素が大量に消費される。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

明治薬科大卒。一般社団法人国際感食協会理事、薬剤師・栄養学博士(米AHCN大学)、NPO法人統合医学健康増進会理事。医療の現場に身を置きながら薬漬けの治療法に疑問を感じ「薬を使わない薬剤師」をめざす。

「2020年 『血圧を下げるのに降圧剤はいらない』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宇多川久美子の作品

薬剤師の本音 65歳を過ぎたら飲んではいけない薬を本棚に登録しているひと

ツイートする