異世界居酒屋「のぶ」 六杯目

著者 :
制作 : 転 
  • 宝島社
4.00
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (279ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800295231

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 安定のおもしろさ。
    登場人物が増えて、ちょっと忘れがちな人もいるけど、みんながちゃんと活きていてすばらしい。
    今回は神様ネタ多めだったけど、運河建設関係の経済ネタも続行してて、どんどん世界が広がる感じが楽しめる。
    ウルスラお婆さまと、アルヌ侯爵の結婚話がすぎだなぁ。

  • 最新刊読んだです。「秋茄子と旧い神」のようなファンタジーな話も好きだけれど、今巻では朗々と古式ゆかしく名乗り上げる老婦人のシーンが一番のお気に入り。
    「のぶ」は中世風社会のそれらしいものからファンタジー(和・洋)たっぷりのエピソード、大将としのぶちゃんの成長物語といろいろに読めるところが好きですねぇ。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

作家。1983年大阪生まれ。会社勤務の傍ら『小説家になろう』に投稿した、『邪神に転生したら配下の魔王軍がさっそく滅亡しそうなんだが、どうすればいいんだろうか』が書籍化され、本格的デビューを飾る。2014年、『異世界居酒屋「のぶ」』が第2回「なろうコン大賞」を授賞、同作はコミカライズもされる人気作品となっている。本作が、初の商業書き下ろしシリーズとなる。
Twitterアカウント @osaka_seventeen

「2017年 『第七異世界のラダッシュ村 2』 で使われていた紹介文から引用しています。」

蝉川夏哉の作品

ツイートする