幕臣伝説 (歴史新書y 48)

著者 :
  • 洋泉社
3.80
  • (0)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800305060

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 幕府に仕えた男女たちの知られざる仕事と事件の数々。(2014年刊)

    本書は、歴史に埋もれた幕臣たちの23のエピソードを紹介している。どれも興味深い話である。既に知られた話もあるが、類書をなぞるだけではないのも嬉しい。
    特に「選ばれた十人の御家人」と「喜連川には気をつけろ」が良い。前者は、幕府の記録を残そうという旗本御家人たちの地道な努力が、後者は、格式が大事だった江戸時代において、あわよくば家格を向上させようという喜連川家と大目付の攻防が面白い。

  • <目次>
    細かいので略。

    <内容>
    江戸時代の文献から面白い話を引き出す第一人者である、氏家幹人さんの本。磯田道史さんと共に必ず当たりだる人。久しぶりに読みましたが、衰えていない。最初に忍者(御庭番)から始まって、学問所関係、大奥や将軍などのトイレ番(公人朝夕人)まで、ニヤニヤして読むこと間違いない!

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

1954 年福島県生まれ。歴史学者。主な著書に、『武士道とエロス』『江戸の性風俗』(講談社現代新書)、『かたき討ち』『江戸人の性』(草思社文庫)、『サムライとヤクザ』(ちくま文庫)、『江戸奇人伝』(平凡社新書)、『江戸の少年』『増補 大江戸死体考』(平凡社ライブラリー)、『幕臣伝説』(洋泉社歴史新書y)、『江戸時代の罪と罰』(草思社)などがある。

氏家幹人の作品

ツイートする