酒が語るアメリカ裏面史

  • 洋泉社
3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (183ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800306869

作品紹介・あらすじ

国造りの原動力は飲酒だった!?世界的大国を生み出した意外な「エネルギー源」、その秘密に迫る異色の歴史読み物!!日本通のアメリカ人が、日本人向けに日本語で書いた400年のアメリカ意外史!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • アメリカの歴史を、それぞれの時代に飲まれたお酒という切り口から辿る1冊。古代エジプト書から学んで造られた蒸留酒がヨーロッパで流行った15世紀から始まり、アメリカでどのように飲まれていたか。北米とカリブ海、アフリカの三角貿易で、サトウキビの搾りかすから作ったラム酒と奴隷の交換が行われていたこと。品質がひどかったことや、アパラチアでコーンウィスキーが作られ始めた経緯、禁酒法が発令され、廃止になるまでのこと・・・「アメリカはお酒とともに開拓され、成長し、成熟した」というのはやや言い過ぎの感もあるけれど、各時代に切り離せないくらい常にお酒が存在していたのは紛れもない事実。庶民の生活が浮き彫りになるようで、面白い内容だった。

  • アメリカの歴史と酒の関係がよく分かる面白本。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

グレン・サリバン
1962年アメリカ・ハワイ生まれ。イエール大学卒業。言語哲学専攻。1984年に来日し、英会話学校教師として勤務後、雑誌『日本語ジャーナル』の英文監修者、翻訳家として活躍。
1992年に帰米し、コーネル大学大学院でアジア文学を履修。著書に、『英語で読む源氏物語』『こんな英語習わなかった!』(ジャパンタイムズ)、『「日本人英語」のすすめ』(講談社現代新書)など。

グレン・サリバンの作品

ツイートする