死後離婚 (新書y)

  • 洋泉社
3.20
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800311528

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • お墓に入るということから嫁姑問題、熟年離婚に遺産相続まで幅広いテーマについて書かれていてとてもおもしろかったです。

    シンプルに「結婚」って何のためにするんだろう?と思いました。
    この本を読んだから!というわけでもないですが、価値観がどんどん多様化してきて、いろんな言葉や考え方が次々と生まれている今だからこそ、できることがあるんだと強く感じます。
    「死後離婚」に限らず、離婚を考える理由についての話と、自分は死後どんな埋葬を希望するかというテーマはすごく身近なことだなと感じました。
    自分が死んだ後、なんてまだまだ先のことですが、今は「散骨」でいいかなーと思います。
    今は、ね。

  • 夫の死後に籍を抜くのが死後離婚なのかなぐらいしか思いつかず、義理の親族との縁を切るけど名字はどうなるのか、夫からの遺産はどうなるのか、遺族年金はもらえるのかなどしっかり理解できたので良かった。
    この制度は夫側の親族と上手くいっていなかった女性にとって非常に良いと思えた。
    その他、子供の姓はどうなるのかなどもよくわかった。
    手続きを間違えると、子どもとは別戸籍になってしまったりするので気をつけなくてはならない。

全2件中 1 - 2件を表示

吉川美津子の作品

ツイートする