ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ 人気ブロガー養成講座

著者 :
  • ソーテック社
3.81
  • (13)
  • (38)
  • (18)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 477
感想 : 29
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800711403

作品紹介・あらすじ

これからはじめる人も、いまのブログが上手くいっていない人も「本物」の人気ブログの作り方と運営力を身につけるための本。トップブロガーがブログ運営の実経験から導き出した成功ルール。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ブログの概要を分かりやすく説明してくれる。
    全くゼロからの人向けというより、実際に少しやってから読んだ方が、より勉強になるかもしれない。
    方向性は掴めたので読んで良かった。

  • ブログを始める人、始めたての人は読むべき1冊です。有益な情報が豊富で、ブログ以外の副業などにおいても参考になる内容です。

  • ブログ書くなら読みましょう。全体像を俯瞰できます。
    基本が大事。あと、理屈よりまずは継続することで視界が広がってくるのはその通りです。

  • ブログを始めるのに必要なもの
    ・時間の確保
    ・半歩前にのめりこむ姿勢
    ・自分で何とかする粘り
    ・人気ブログをつくる決意

    三か月毎日更新してみる
    質の低い記事を書くとブログの質が落ちる・・・と言い訳を作るとハードルが上がって更新が止まる。面白いかどうか決めるのは読者。

    表示するコンセプトはせまめにしておく。
    その中でほかのことについて書いてあっても最終的にそこにつながればOK。

    ターゲットを設定する。
    このあたりの層の人に・・・ではなく知人とかターゲットの設定を細かく決めて
    その人に刺さるように記事を書く。

    興味を引くタイトル作成法
    ・あなたの〇〇〇〇ですか?みたいにあなたの~から始める
    ・コンプレックスに訴える「あなたの仕事10年後もありますか?」
    ・〇〇〇〇の方法、〇〇〇〇の理由
    ・数字を入れる「10倍アクセスが上がる方法」

    小見出しをいれる。

    はじめに一番言いたい結論をかく。それ以降でそこに至った経緯などを書いていく。
    重要な順に書いていく。

    最後にまとめのあとがきを入れる。
    タイトルの復唱で終わる。「タイトルという話題でした。」
    決め台詞でおわる。「それではまた。」

  • ブログの運営の基礎の基礎から、
    毎日ブロを更新する重要性や書けないときの記事の絞り出し方、
    デザイン、FacebookページなどSMSとの繋げ方など、
    ブログを始めたばかりの初心者だからこそ知りたいことがたくさん書いてあって良かったです。

  • うーん。
    読むタイミングは今じゃなかったかな。

  • ブログの全体像を知れる本
    収益化のためのSEO対策などの具体的な内容を知りたかったので少し内容が求めていたものとは異なっていました
    ブログの全体概要を知るための1冊目という立ち位置であれば読みやすい本です


    ブログ→信用→人気→お金
    SNS経由のファンを増やす
    世界観を持ったエッジの効いた記事のブログ
    3ヶ月後に100記事のブログ
    コンセプト設計がファンを作る
    →自分の棚卸しとターゲット設定

    自分の墓標を想像する
    ミッション 人生を通し成し遂げたいこと、使命
    やりたいこととやりたくないことを挙げる

    ターゲットを決める
    ブログ名を決める
    ブログデザインを決める スマホ中心
    雑記か専門か

    タイトルは自分ごとと捉えてもらえるようなもの
    →読んだら課題を解決できそうなもの

    挑戦の内容
    日記はノウハウにに転換 

  • 借りたもの。
    ブログの解説から管理運営方法、購読者を増やすためのSEO対策などを章立てて解説。
    他のSNS――Facebook、Twitter、はてなブックマーク――との連携方法まで。
    そうすることでブログへの流入の機会を増やす、間口を増やしている。補完関係。
    「お金を稼ぐ」事を主目的としたアフィリエイトブログ運用法ではなく、純粋な情報発信を前提にはじまり、そこから結果を出してアフィリエイト収益に繋げるというマネジメント方針を打ち出している点でも好感が持てる一冊。
    日々の生活を収益化…記事のネタになる様々な“視点”を指摘している。
    自身の成長、まとめ記事、グルメや節約ネタなど…読者の“ため”の情報発信の視点の重要性。

  • 記事のクオリティや集客力をあげるための手法が学べる。ブログをやってないのでイメージがわかない部分もあったので、かじっている人向けかもしれない。ソーシャルメディアとか、はてブとの連携とか。

全29件中 1 - 10件を表示

菅家伸の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×