渡部昇一の少年日本史

著者 :
  • 致知出版社
4.29
  • (8)
  • (7)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 103
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (315ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800911421

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • この年になってようやく日本についての認識が深まりつつある。今の日本が奇跡の連続のように思える。そして今日本で生を受けて生きていることを幸せに思う。自分の生き方や仕事に日本が多大な影響を及ぼしていることに驚愕するし,それをどう考えるのかどう行動するのか研鑽を積みたい。

  • 「日本人にしか見えない虹を見る」
    この意味はとても重要です。

    日本を野蛮の国と見ていた中国人が書いた魏志倭人伝の邪馬台国の卑弥呼、という、「邪」や「卑」といった悪い漢字をなぜそのまま歴史の事実として受け入れるのか?
    (この本ではありませんが、中国は中華思想(中国が世界の中心でその属国でない国は野蛮の国とする思想)をもつと聞いたことがあります)

    この中国の書物が存在した事実があっても、それは例えれば空に水滴があるという事実だけで、日本の歴史という虹は日本の国に住む国民の目にだけ見えるものがある。

    邪馬台国の「邪」という悪い漢字は中国人が当てたもの。
     本当は「やまと」ではないのか?
    卑弥呼の「卑」という悪い漢字も中国人が当てたもの。
     日本人からみれば「ひみこ」は「日の御子」、お日様の「日」だったのでは?

    日本人から見える虹を求める作者の歴史、手元に置いて残したいです。
    最初、古事記・日本書紀の話から入ります。これは、古事記と日本書紀そのものを先に読んだ方がいいでしょう。その上で、この本の解釈を確認すると面白いです。
    国造り、男女の共同の関係も日本独自であることが改めてわかります。

  • 日本通史の入門にして決定版。
    日本の歴史は神話とともにあることがよくわかる。
    史実をちゃんと遺跡と文献視点に立ち、
    かつ、タイトルの歴史を虹を見るための方法に例えた一視点は重要。
    この視点を持って歴史に触れ今を未来を見つめたい。

  • 致知出版社の本です。
    水をいくら集めても虹にはならない。
    適度な光の角度や距離があって初めて像を結びます。
    日本人が歴史を直視するために読みたい本やと思います。

    日本史は小中高で学びます。
    でもそれは年号や事件を羅列したものになっていないかということです。
    この国に生まれこの国で何が起こったのか。
    歴史の縦糸に横糸を通すためにも息子に読ませたい本です。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

昭和5年鶴岡市生。旧制中学のとき恩師佐藤順太先生に出会い、英語学、英文学に志して上智大学に進学。昭和30年(1955)英文学科助手。同10月西ドイツ・ミュンスター大学留学(大学院博士課程)。英語学・言語学専攻。 1958年Dr. phil. magna cum laude の学位を受ける。昭和46年 (1971)上智大学文学部英文学科教授。平成13年(2001)上智大学名誉教授 。 平成29年 (2017) 4月逝去

「2022年 『アングロ・サクソン文明落穂集 12』 で使われていた紹介文から引用しています。」

渡部昇一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
石原 慎太郎
渡部昇一
百田尚樹
稲盛和夫
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×