7000人の子の命を救った心臓外科医が教える仕事の流儀

著者 :
  • 致知出版社
4.00
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800912411

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 月刊誌「致知」の対談記事を切っ掛けに購入。仕事、チームワーク、若手社員の心構えと、その育成、等々。医療の世界のみでなく、一般企業でも共通するテーマ。医者の卵である娘に読ませよう。

  • 致知を読んで 初めて知りました。
    同い年なんですねー!
    全く遠い所をひたすら前に進んでいらっしゃる軸を持った仕事師だと、ひたすら低頭。
    我々の仕事も現場が大切です。
    また、どれだけ当事者として動いて、自分の最高を尽くし、流れを乱さないか!
    まだまだ勉強です。
    ありがとうございました!

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1981年熊本大学医学部卒業。
研修医コース終了後、一貫して、榊原記念病院にて小児の心臓血管外科の研鑽を積む。
98年榊原記念病院心臓血管外科部長、2003年同主任部長、06年より副院長兼心臓血管外科小児主任部長を務める。

「2019年 『榊原記念病院 低侵襲手術書』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高橋幸宏の作品

ツイートする
×