超訳 資本論 お金を知れば人生が変わる

著者 :
  • 彩図社
5.00
  • (6)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 51
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784801300019

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • おそらく原本を読み通してまとまったある程度の知識になるものはここにまとまっているのではないかなと思う。解釈し直すなら自分で読むしかないけど一般的にどんなことが書いてあるのかを理解するにはとても便利じゃないかな。

  • 資本主義とお金の関係を知るため本書を購入。
    資本は雪だるま式で増えるのに対し、労働者はお金持ちになれない理由について、具体例を交えて説明していてとても理解し易かったです。
    経済学に詳しくない人でも理解しやすい一冊だと思います。

  • 資本論は19世紀後半に書かれた古典だが、あまりにも現代の資本主義のゆがみを予言していてメチャクチャ勉強になる本。
    現代では「格差社会が広がっていく」事が問題視されているが、資本主義システムを日本が選択する限り、資本を持つもの(つまり資本家)に徐々に富が集中していくのは当然のことであることを、わかりやすく説明している良書です。
    原書はチャレンジしたが、難しすぎて一旦断念してます。笑

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

2000年KAIST(国立韓国科学技術院)大学院卒(工学修士)。
ゲーム製作、VRシステム製作、インスタレーションアートなど、様々なプロジェクトの経験から、組織作り・リーダーシップを研究するようになり、ビジネス・リーダーシップ関連の著作を多数執筆。
主な著書に『超訳 孫子の兵法』『超訳 君主論』『超訳 資本論』『超訳 論語―孔子に学ぶ処世術―』『超訳 アランの幸福論』『超訳 韓非子―リーダーの教科書―』(全て小社刊)、『一時間で読めるマキャベリの君主論』などがある。

「2020年 『ヒトラーの大衆扇動術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

許成準の作品

ツイートする
×