図解 モチベーション大百科 (サンクチュアリ出版)

著者 :
  • サンクチュアリ出版
3.63
  • (59)
  • (102)
  • (97)
  • (24)
  • (7)
本棚登録 : 2111
レビュー : 140
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784801400429

作品紹介・あらすじ

続々重版! 13万7千部突破!_x000D_
_x000D_
私たちには意思があり、意思があって動いている。_x000D_
でも、意思じゃないものも私たちを動かしている。_x000D_
私たちを動かしている“モチベーション"とは一体なにか_x000D_
“モチベーション"の正体を突き止めるべく、スタンフォード大、ハーバード大、_x000D_
コロンビア大、プリンストン大、ペンシルバニア大など数々の一流研究機関でおこなわれた_x000D_
100通りの心理・行動実験を、ビジネスマンにも応用できるよう図解でわかりやすく解説。_x000D_
“モチベーション"をマスターすれば、面倒くさがりな自分も、怠惰な周囲の人たちも、_x000D_
頑固な顧客たちも、どうしてそうするのか? どうしてそうしないのか?_x000D_
長年の謎が解け、ビジネスで抱える問題の多くが解決するだろう。_x000D_
_x000D_
目次より_x000D_
Chapter1 動機づけのモデルケース_x000D_
目標勾配 ゴールを間近に感じさせる。_x000D_
キャンディ効果 スモールプレゼントをする。_x000D_
消費ゴール 報酬を予定する。_x000D_
自問式セルフトーク 自分にもお伺いを立てる。_x000D_
マインドセット 価値観と行動を結びつける。_x000D_
内発的動機づけ 報酬は一つにする。_x000D_
小分け戦略 手数を増減させる。_x000D_
同調状態 動きを合わせてから、取り掛かる。_x000D_
課情の妥当性 噂に気をつける。_x000D_
証明型と習得型 当人比で評価する。_x000D_
親近効果 すすめたいものは右側に置く。_x000D_
罰金と報酬 あげるよりも、取り上げる。_x000D_
学習動機 向こうからやりたい気持ちにさせる。_x000D_
心理的リアクタンス やりたがることを尊重する。_x000D_
_x000D_
以下、_x000D_
Chapter2 人材育成のモデルケース_x000D_
に続く

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ■ポイント
    ①スタンフォード大学・ハーバード大学など、一流研究機関の学者が行った100の心理行動学から学ぶ「モチベーション法則」をまとめた本
    ②著者は「世界No1コーチ アンソニー・ロビンズ」から直接指導を受けた、行動心理学者の池田氏
    ③モチベーションとの付き合い次第で人生が決まる
    ④面白いと感じた項目
    1.目標勾配:ゴールに近づくほどモチベーションUP(珈琲スタンプ)

    2.消費ゴール:一度きりのごほうびは、予定された時間からモチベーションを高め、「それが消費されるまで」モチベーションを高めてくれる
    →2カ月ごとにごほうびを用意しておく

    3.小分け戦略:やりたいことは手数を減らし、やめたいことは手数を増やす(スマホはカバンの奥底へしまっておくなど)

    4.証明型と習得型:他人との比較よりも、自分の成長度合いで評価されたほうが人は努力しやすい

    5.罰金と報酬:「成功したらあげる」よりも「失敗したら取り上げる」方がインセンティブ(人々の意思決定や行動を変化させる要因)に効果的
    →人は一度でも所有権をもつと、手放すことに大きな抵抗を感じる

    6.学習動機:相手の気持ちに寄り添うと動いてもらいやすい

    7.プライミング効果:人は使った言葉にふさわしい人物を体現する
    →見聞きしたり普段使う言葉通りの人になる

    8.集合的無知:人数が多いほど自分ではない誰かが対処してくれると思い込みやすい

    9.マシュマロ実験:1つの誘惑に勝てると他の誘惑に対しても自制心が働きやすい。
    我慢は「我慢」だと捉えた途端にするのもさせるのも難しいものになる。
    我慢していると考えられない状況を作ることが大事。

    10.役割の力:役割は人に大きな影響を与える。
    「自分はどんな存在でありたいか?」役割を考える。

    11.目標設定理論:具体的で難しすぎず受け入れられるレベルの目標を提示されると人はやる気を出す。

    12.非競争的報酬:自分との競争は意欲を生みやすい。

    13.セレンディピティ:結果は出来事にどう意味付けをするかで変化する。

    14.ピリオダイゼーション:人は期限が見えないと集中できない。
    1日でとらえるのではなく、これからの3時間で何ができるのかを考える。

    15.行動思考:理由を考えると行動が鈍くなり、「何をすべきか?」に意識を向けると具体的行動がとりやすくなる。

    16.妥当性の論理:「自分の行動が他人にどう影響を与えるのか?」を強調して伝えると、関心をもってもらいやすい(手を洗うことによる自分への影響or患者への影響)

    17.計画の誤り:自分の作業時間は楽観的に見積もりやすい。
    →1週間のうち2日ほどバッファ(余裕時間)を設けておく。

    18.計画と誘惑:計画を持たずに記憶を頼りにしていると誘惑に弱くなる。
    移動中・隙間時間など、シチュエーション別にやることリストを作っておく。

    19.機会費用:何か取り組みたいと思うことがあっても、「他のことをやってもいい」状態だと「それに取り組む」という選択が難しくなる。

    20.返報性の原理:人は何かしてもらった分、返したいという欲求がわく。

    21.模倣効果:相手の行動や癖をまねると相手は自分に好意を持ちやすい。

    22.初頭効果:先に提示された性質は、後で提示された性質を包括するほど強い意味を持つ。
    例:
    Aさん 優しい 丁寧 几帳面 頑固
    Bさん 頑固 几帳面 丁寧 優しい
    →Aさんのほうが好印象

    23.遅れの影響:時間不足は人の信念を失わせる。

    24.感情変換:気持ちが高ぶっているときは、「興奮状態だ」と認めたほうがパフォーマンス上がる。
    →緊張は敵ではなく味方。自分は緊張しているということを認める。

    25.感情のコントロール:静かに座っていれば怒りは落ち着く。

    26.パワーポーズ:姿勢は気分に影響を与える。
    →背筋を伸ばし、普段から良い姿勢を意識する。

    27.交互練習:並行して別々のことを勉強したほうが、記憶に残りやすい。

    28.感情表現:触れる言葉や使う言葉でストレスは変化する。
    →普段からポジティブな言葉を使う。

    29.損失回避:人はたった数分でも所有すると、手放す痛みを生じる。

    30.問題の客観視:自分の問題よりも他人が直面している問題のほうが答えを見つけやすい。
    →他人の問題として捉えるように意識を変える

    31.先見的後知恵:仮定で考えるよりも、実際に「そうなった」という前提から考えたほうが発想が膨らみやすい。
    例:新入社員が離職してしまったと仮定する
    or
    新入社員が実際に離職した
    その原因を考える。

  • 【全体の感想】
    目から鱗な情報の連続でした。
    心理学を学んだことがあるため、すでに知っている内容も多くありましたが、効果が証明された実験の内容も紹介されているため、改めて心理的効果を理解することができました。
    非常に多くの効果が紹介されているので、一読で学ぶよりも、迷ったときや悩んだときに何度も何度も本書を開いて、実際に活用していくことに向いている本だと思います。(タイトル通り、百科事典としての利用、です)

    【おすすめしたい人】
    ・何かを選択する(意思決定する)ことが苦手な人
    ・面倒くさがりで楽しがちだけど、行動を変えたいと思っている人
    ★年齢や職業に関係なく、すべての人に学べる内容が含まれていると思います!

    【注目ポイント】
    ■意思決定の章
    普段意識していなくても、私たちは常に意思決定をしながら生きているため、特に活用しやすい知識が多かったように感じます。
    私自身、学生時代に行動経済学の先生に聞いた「迷ったら難しい道を選ぶ」という言葉を意思決定の指針にしていますが、この言葉の意味についても紹介されていました。
    この章はぜひ熟読してみてほしいです。

  •  どうすれば、人は意欲的になれるのか。感情と行動のメカニズムを一挙に紹介。

     どうしてもネガティブ思考に陥りやすい自分なので、少しでも前向きになれればとこの本を手に取りました。

     項目ごとに100以上の法則がどこから読んでも良いように紹介されており、とても分かりやすかったです。

     どれもみな、心理学や行動実験で検証されてものばかりなので、説得力がありました。

     すべてが自分に当てはまるわけではありませんが、これはやってみようというものがいくつかあり、少しずつ実践していこうと思いました。

     この本を読んだこと自体でもモチベーションが上がりました。

  • 「宝探しをする感覚で読む一冊」

    モチベーション・人材育成・発想転換など7つのテーマについて、それぞれの場面で有効なスキル・考え方のアイデアが、その科学的根拠とともに載せられている。本の中には約100個ものアイデアが散りばめられており、まさにタイトル通りの「大百科」である。
    本当に必要な、有効なアイデアは、読む人・読むタイミングによって異なる。100個ものアイデアの中から、今の自分の人生にとっての「宝物・財産」をピックアップしていくつもりで読むと、非常にワクワクとした気持ちで読み進められるだろう。

  • 何処かで聞いた事があるものが殆どだったけれど、大学などでの実証実験と対になっている事、そして「大百科」というタイトルのおかげで多くの人がポジティブな判断を下している、という印象のある一冊。

    もしこの本がスピ系だったり引き寄せ系の本として出ていたらどうだろう、というところまで思考を進めて読んでいる人が少ないのが興味深いというか「認知バイアス」って結局「そういう」些細な事によって左右されるのかもね、とも思う。

    書籍の中にはセレンディピティはもとより、引き寄せの法則も(名前を変えてだが)登場する。
    『私は運がいい』と思う・口にするというのはセレンディピティの基本原理であるが『私は運が良い』を全面に押し出すと途端に胡散臭さを感じ、敬遠され、ネガティブな反応を引き起こすのは何故なのかを考えるのが、この書籍の果たしている本当の役割であるように感じる。

  • モチベーションが上がらないのは自分のせいではない!ということがわかって心が楽になりました。

    実験そのものがとても興味深く最初から一気に引き込まれました。1回読んだら終わり、ではなくずっと手元に置いておいて、モチベーションを上げたい時に辞書のように使える本だと思います。

  • モチベーションに関する
    実験方法・実験結果・理論/法則の3つがセットになり、
    各テーマに沿って記載されている。

    1つ1つはとても参考になるが、
    体系的に整理されている訳ではないので、
    自分で整理して意識して取り込まないと、
    忘れそうだし使えなさそうだと思った。

    以下、覚えておきたい内容。

    集合的無知=社会的手抜き

    CHAPTER1

    ・目標勾配
     ゴールを間近に感じさせる。
     いまゴールにどれくらい近づいているか、フィードバックを与えるだけで、達成度が上がる。
     ゴールが近づけば近づくほど、モチベーションが上がる
     終わりが見えそうな物事については、なかなかやめられない習性
     もうこんなに進んでいると前進を感じ続けた方が、ゴールにたどり着ける確率が上がる

    ・キャンディ効果
     スモールプレゼントをする。
     いい気分をつくってから仕事にとりかかってもらった方が結果的に作業がはかどり、ミスも減る。

    ・消費ゴール
     報酬を予定する。
     消費ゴールは人を幸福にする。しかしその効果があるのは計画しているときだけであり、実現したあとはほとんど効果がない。
     一度きりでのごほうびは、予定された瞬間からモチベーションを高め、それが消費されるまでモチベーションを保ってくれる
     消費ゴールによるモチベーションは平均して8週間しか持続しない
     今から2ヵ月先にごほうびを仕込んでおくのが、最も効率よくモチベーションアップできる方法

    ・自問式セルフトーク
     自分にもお伺いを立てる。
     断定よりも疑問の方が、答えとモチベーションを引き出す助けになる。
     私たちは命令されることが苦手

    ・マインドセット
     価値観と行動を結びつける。
     日記に「自分にとっていま一番大切にしたいことはなにか」「その価値に結びつくどんな行動をとったか」を書いてもらう。

    ・内発的動機づけ
     自主的な行動に対してごほうびを与えると、内発的動機づけが損なわれる。
     報酬を与える時は、できるだけサプライズで与える

    ・小分け戦略
     手数を増減させる。
     必要アクションの数が減ると行動が早まり、必要アクションの数が増えると行動がゆっくりになる。
     やりたいことな手順を減らし、やめたいことは手順を増やす

    ・同調状態
     動きを合わせてから、取り掛かる。
     同じ行動を取っていると認識できると、協力関係になりやすい。
     いったんみんなで同じ動きをしておくと、性格の合う合わないとは関係なく、その後の仕事で協力関係を生みやすい
     団体競技をするスポーツ選手たちは、一緒に走ったり、一緒に準備体操をするというルーチンを大事にしていますが、練習や本番前におそろいの動きを作っておくことによって、チームワークが良くなることを肌で感じているのかもしれない

    ・課題の妥当性
     批判をすると課題のレベルが上がり、敬意を払うと課題のレベルが下がる。

    ・証明型と習得型
     当人比で評価する。
     他人との比較よりも、自分の成長度合いによって評価された方が人は努力しやすい。
     主体的理由(自分がどうしたいか)を仕事の目的にしていると、比較的モチベーションを一定に保つことができる
     前と比べてどうだったかを評価基準にする

    ・6つのニーズ
     ニーズ1 安定感
     ニーズ2 変化(不安定感)
     ニーズ3 重要感
     ニーズ4 つながり
     ニーズ5 成長
     ニーズ6 貢献

    ・親近効果
     すすめたいものは右側に置く。
     左から右に向かって視線を動かすため、右のものが一番新しい記憶になる
     最も新しく記憶に刻まれたものを、重大だと思ったり、好ましいと思ったりする習性がある

    ・罰金と報酬
     あげるよりも、取り上げる。
     私たちは新しいものを得るためよりも今持っているものを失わないための方がアクティブになる
     基本的には、安定や現状維持をめざしながら生きているということ

    ・学習動機
     向こうからやりたい気持ちにさせる。
     相手の気持ちに寄り添うと、動いてもらいやすい。
     3つの基本戦略が、「理由」「同情」「選択」

    ・心理的リアクタンス
     やりたがることを尊重する。
     なにかをやってもらいたい時は、相手の自主性を重んじた方が、のぞむ結果が出やすい。
     まわりに迷惑をかけること、ただちに危険になること以外は、相手に選択肢を与え、見守る立場を取るのが良い

    CHAPTER2

    ・焦点の移動
     「人の考え」は理由をたずねると強化され、目的をたずねると軟化する傾向がある。
     その考え方は、「今の自分にとって本当に有用なものか?」を考えてもらう

    ・プライミング効果
     人は使った言葉に、ふさわしい人物を体現する。

    ・特異性信用
     地位がない人が意見やアイディアを出すと、嫌われやすい。
     発言を受け入れてもらうためには、特異性信用(=ルールに従ってそのチームのために働き、目標の達成に貢献することによって得る信用)が必要
     特異性信用を持たないとき、見せる姿勢としては、意見を出すことではなく、協力を申し出ること

    ・集合的無知
     人数が多ければ多いほど自分ではない誰かが対処してくれると思いやすい。

    ・役割の力
     持って生まれた性格とは関係なく、役割は人間に大きな影響を与える。

    ・道徳的行動
     行動を叱り、存在をほめる。
     影響が非常に強い=存在(自分自身)
     影響が強い=価値観(大切にしていること)
     影響がやや強い=能力(できること)
     影響が弱い=行動(やったこと)
     影響が非常に弱い=環境(人、場所、道具など)

    ・同族嫌悪
     似ている者同士は離す。
     人は自分と主義が似ているけど、考えを徹底していない人のことを嫌う傾向がある。

    ・モラルの逸脱
     顔と名前をオープンにする。
     匿名性を持つと、モラルから外れやすい。
     モラルの高い人と一緒に行動させること
     中にはどんな働きかけをしても、自意識が高まらない人もいる
     メンバーの理解を得た上で、個性を尊重し、行き詰まった状態を打開する役目を期待する

    ・自信過剰バイアス
     思考せずにぱっと思い浮かんだ答えは、間違っていることが多い。
     要件を伝えたあと、相手に「わかった?」とは聞かず、「できそう?」と聞く
     いったん相手に想像する猶予を与える

    ・痛みと快感
     快感と痛みを感じるポイントは人それぞれ違う
     それを避けることのデメリット(痛み)と、それを実行することのメリット(快感)を、相手の価値観に立って考えてあげることが、相手を説得する近道になる

    ・社会貢献
     仕事のずっと先を想像する。
     「どうしたら世の中はもっと良くなると思うか?」
     「いま学校で習っていることの中で、そのために役立ちそうなことはあるか?」
     いま自分が取り組んでいる仕事が、社会にどんな風に役立つかを考えると、モチベーションが上がる。

    ・学習性無力感
     ダメだったものも、また試す。
     何度か失敗したというだけで、うまくいく可能性が残されているにもかかわらず、私たちはいともたやすくあきらめやすい。
     うまくいくまで、やり続けることが大事

    ・無意識の適応
     「できる人」と勘違いをさせる。
     「できる」とラベルづけされた人は、「できる」が実現するように周囲から特別扱いされる。

    ・遺伝と環境
     憧れの輪に飛び込む。
     環境によって、人はいくらでも変化する。

    ・人格保護
     自己評価を守ってあげる。
     他意のない人選は、くじ引きにした方が、無用に人の自己評価を下げずに済む。

    CHAPTER3

    ・目標設定理論
     目標を具体的にする。
     人は求められた以上のことをしない傾向があるが、具体的で、難しすぎず、受け入れられるレベルの目標を提示されると、やる気を出す。
     無気力状態を生み出すパターンには2通りある
     1つは、なにも目標を立てていないこと。もう1つは、モチベーションをなくすような目標を立てていること
     モチベーションを上げる目標とは、難しいけど可能なものであり、手順に意識を向けられるもの。またいつでも、誰でも、同じように解釈できる具体的なもの

    ・非競争的報酬
     自分自身と競争させる。
     他者との競争は過信を生みやすく、自分との競争は意欲を生みやすい。
     活躍できる人と、活躍できない人が固定化する
     競争心ではなく、「あなたならできる」と向上心をあおる

    ・泥棒洞窟実験
     共通の目標を作る。
     親睦を深めさせようという試みは、かえってお互いの敵対心を増幅させる
     困難な課題を与えられたとたん、敵対する両者はまたたくまに打ち解け、結束を固めた
     共通の敵(目標)ができたからである
     敵対する者同士にあえて難しい共同作業をさせる

    ・セレンディピティ
     運がいいと思って仕事をする。
     目の前で起きている出来事そのものが、ラッキーか、アンラッキーかを決めているわけではなく、結果はその出来事に対して、どういう意味付けをするのかによって変化する

    ・社会的手抜き
     全員にミッションを与える。
     大勢の人間が一緒だと、他の人に結果をゆだねやすく、他の誰かがやってくれるだろうという心理が働く。

    ・行動思考
     理由を考えていると行動力が鈍り「何をすべきか?」に意識を向けると具体的な行動をしやすくなる。
     面倒なことや厄介事という言葉は感覚的な表現であり、事実はただ手続きが多いだけ
     抽象化されたタスクを具体的な手続きに変換する

    ・悲観的戦略
     自信に満ちているような人でも、最悪の事態を想定することでその不安をモチベーションに変えている人もいる。
     難しいと認識するだけで、集中力が高まる
     自分の性格に見合った準備をする

    ・妥当性の論理
     他人への影響を伝える。
     相手のデメリットを理由に教化を試みると、結果の論理が働きやすくなる
     他人へのデメリットを理由に教化を試みると、妥当性の論理が働きやすくなる

    ・計画の誤り
     今できることは今やる。
     自分の作業日数は、楽観的に見積もりやすい。

    ・自分事と他人事
     他人の視点でアドバイスしてみる。
     自分のことになると安定志向になるが、他人のことになると「なにをすれば後悔しないのか」がわかる。

    ・点と領域
     最大と最小を考える。
     予想をするときは、最大と最小、最高と最悪を考えた方が当たりやすい。

    ・ゴールと持久力
     多めにやろうと決める。
     エクササイズは「3分の2くらいで疲れる」と予想する。

  • 実際の行動心理学の実験をもとにしたデータを使ってたりして、トピックや紹介の仕方がおもしろい!
    具体的なのですぐ実行に移せそうなんだけど、本質的なことは特にないからすぐ忘れそう。一つか二つ、自分に合うものをやっていくのがいいかな?

  • みんなこれを読んだら良い世界になりそう

  • 「私は人一倍、めんんどうくさがりです」と語る著者(正しくは編著、というらしいです)がこういった本を作るに至る経緯が全然、怠け者では無い感じがするのだが、それすらもモチベーションというものを理解し、コントロールしてきたが故の結果なんだろうなと思った。
    ずっと手元に置いて読み返したい本。
    素晴らしいです。

全140件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

株式会社オープンプラットフォーム代表取締役。起業家・経営者向けのスクールを主宰。成果を上げる「感情と行動をつくる心理学」と、東洋の「人間力を高める学問」を統合した独自のメソッドが注目を浴びている。

「2015年 『決断力の磨き方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

池田貴将の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヨシタケシンス...
伊坂 幸太郎
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印

図解 モチベーション大百科 (サンクチュアリ出版)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×