学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)

著者 :
  • サンクチュアリ出版
3.97
  • (227)
  • (344)
  • (155)
  • (29)
  • (13)
本棚登録 : 4093
レビュー : 540
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784801400559

作品紹介・あらすじ

すべての能力が最大化する。
日本一情報を発信する精神科医が贈る、脳科学に裏付けられた、伝え方、書き方、動き方
「メルマガ、毎日発行13年」「Facebook、毎日更新8年」
「YouTube、毎日更新5年」「毎日3時間以上の執筆11年」
「年2~3冊の出版、10年連続」「新作セミナー、毎月2回以上9年連続」
……日本一アウトプットしている医師である、ベストセラー作家・樺沢紫苑が圧倒的に結果が変わる「アウトプット術」を大公開。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • アウトプットの大切さが書かれた本。
    2~4ページくらいで小出しに書かれているので、スキマ時間にちょこちょこ読んだりしやすいです。
    読書や情報収集は好きなので、普段インプットはかなりよくしているほうだと思いますが、アウトプットというとおもしろかったことや考えを人に話すくらい。
    なのでせっかくしたインプットを忘れていってしまうんですよね。
    インプット3、アウトプット7の割合がいいそうで、勉強するときに教科書を読む・暗記する3、問題を解く7のような感じというのがすごくわかりやすかったです。
    たしかに自分も学生の頃はとにかく問題を解いたり、暗記するにも書いて覚えていたなと実感しました。
    まずはやりやすいアウトプットから始めようと思うので、読書感想文を書く、気づきをメモするなどに取り組んでみたいです。

  • スマホをインプットツールでなく、アウトプットツールとして使う。空き時間にスマホで、アウトプット。

  • インプットとアウトプットを回すことにより成長が加速します、ということを様々な角度から解説する自己啓発本。

    さっと読めるジャンク本的な部分があり、多くの学びがあるとは言いきれないが、アウトプットをやってみようという気にはなれるのでオススメ。

    読んだ本や映画などをすぐに忘れてしまう自分は「記憶力が無い」と半ば諦めていたが、アウトプットを通して改善を試みようという気持ちにはなった。
    とりあえずノートを買って落書きを始めてみたい。

  • ○いつ読んだか
    忘れた

    ○なぜ読んだか
    アウトプットが弱いと感じているためポイントが知りたかった。色々おすすめされていた。

    ○メモ
    ・目の前のことに集中する
    ・人に教えて説明できるように理解することが重要

    ○1章 アウトプットの基本法則
    ・成長はアウトプットの量に比例する
    ・本を読んでその内容を5分で説明できれば完璧
    ☆本当に良いと思ったことは説明できるまで理解、記憶することで自分のものとできる
    ・書く、声に出すことで運動性記憶として記憶でき残りやすい
    ・アウトプットはインプットの2倍実施する
    ・インプット→アウトプット→フィードバックのサイクルを繰り返す

    ○読んだ感想

    ○読んだことでのアウトプット

  • アウトプットの重要性を再認識した

    これまではインプットにかなりの時間を割いており、アウトプットはほとんどしてこなかった

    アウトプットは続けていかなければ磨かれない
    行動するにもマルチタスクでなく、一つに集中して行う

    アウトプット力を高めるトレーニングで特に実践したいと感じた内容

    ・毎日続ける日記の重要性
    自己洞察力、ストレス耐性向上

    ・読書感想の重要性
    ビフォー→気付き→TO DO

    ・情報発信の重要性
    フィードバック効果が高い
    文章上達効果

  • 『インプット大全から始めようかと悩んだが、こっちから読んでみた』

    難しいビジネススクールの本を読んでる最中で「インプットの仕方学んでからかな?」とどちらから読むか迷ったが、こっちの方が先に出版、ゴールあってのインプットだろうということでこちらから!

    ギブ&テイクよりギブ&ギブ、全てがうまくいく魔法の言葉「ありがとう」などがまず、色んなものからの見返りを求め過ぎている自分の最近を反省!発信や与える方がよっぽどプラスになってくる(結局リターンやん(笑))ということを考えると、ガンジー、マザー・テレサの心持ちで過ごそうと感じました。

    before→気づき+to doという読書感想の書き方も参考になり、気づくだけでは意味がない、行動に移す・移すことの宣言までしてこそ。ビジネススクールでも同じような気づきを感じる毎日。

    アウトプットしてみるきっかけをくれたということで星5にしてみます!
    次は、ビジネススクールの勉強を進めつつ、インプット側を読みます。

  • アウトプットの大事さをあらためて感じることができた
    ノートに手書きメモ、読書後の感想を残す等、すぐにはじめることができる
    3年間毎日続けてきたブログもやめようか迷っていたけれど
    もう少し続けようと意識が変わった
    せっかく続けていること、簡単にやめてはいけないなぁ

  • とにかく我々はインプットが多くなりがちだがアウトプットが大事ということがよくわかった。アウトプット7割で日記を書いたり、読書感想文、ブログで価値を提供できるのが大事とのこと。話す、書く、行動する、フィードバック、要約力、手で書く、教えるのが最高のアウトプット、メールチェックは最低限に、プレゼンは事前の準備、ビジョンを掲げる、15分でアウトプットする等実際に行動することが大切だとよくわかった。すこしでもアウトプットしていきたい。

  • 私は今まで、読書やセミナー受講など、インプットの量については多いと自負していた。
    ただし、この本で、インプットのみでは意味がないという述べている。
    自分でも薄々感じている事だったが、あらためてこの本を読んでアウトプットの大切さを知る事が出来た。

    まず、アクションを取ろうと思ったのは読書感想文を書く事。
    だから、ここに書いている

  • この本を読む前はアウトプットの重要性など気にもしていなかったが、今ではものすごく重要性を感じる。ブクログに、少しでも記録しておいて良かったと考えております。
    これからは幸福日記を書くよう頑張ります。

全540件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

精神科医

「2018年 『人生うまくいく人の感情リセット術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)のその他の作品

樺沢紫苑の作品

学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)を本棚に登録しているひと

ツイートする