学び効率が最大化するインプット大全

著者 :
  • サンクチュアリ出版
3.86
  • (105)
  • (192)
  • (94)
  • (22)
  • (8)
本棚登録 : 2834
レビュー : 253
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784801400696

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • インプットについて必要な知識をこれでもかというほど得られます。
    特に重要だと感じたのは以下の3つです。
    ・AZ(アウトプット前提のインプット)
    ・必要な情報を得て、それ以外は捨てるテクニック
    ・量ではなく、質の良い知識が必要

    これらに加え正しいネットを用いた情報収集の使い方や美術館の楽しみ方など、細かい面の知識も学べます。
    学びたいと思ったことが全て詰め込まれており、素晴らしい一冊だと思いました。

  • 「生産性が求められる時代の効率最大化の手引き」
    前作アウトプット大全の続編でアウトプットは話す、教える、行動するなどの出力がメインテーマに対して今作は、
    さらに発展して、80の具体例を元に「インプット」読む、聞くなどの情報を得る方法を分かりやすく伝えてくれます。インプットをしてアウトプットをするのを繰り返し、自己成長を面白く遂げられる方法を分かりやすく学べる最高の本です。
    まずは本書で紹介された気付きを3つ紹介したいと思います。

    ①-学びは欲張らず3つの気付きを得られたら十分-
    私自身がひとつの本を読む場合、内容を隅から隅まで読んで理解しないと勿体ない、もしくは理解しないと次のページに進んでは行けないなどのある意味、脅迫めいた読書の仕方をしていたのでこちらの気付きは目から鱗でした。
    改めて思い返すと、正直、いつもその本がどんな内容かあまり覚えておらず、人にレビューを語ることすら出来てませんでした。この気付き3つを見つけてアウトプットする。それを少しずつ実践し、学びを広げて行きたいと思います。

    ②-喜怒哀楽が伴う記憶は、復習しなくても、圧倒的に鮮明に記憶に残る-
    私も実感があるのですが、他から強制されたり、しなければいけない期限が限られている時は、自分の中でも面倒臭さがどうしても出て、嫌々記憶するので、かなり覚えにくいように思います。例えば、学生の時の夏休みの宿題や仕事の為の資格勉強など。重い腰を動かさないと覚えられない強制的な記憶は疲れるし中々、身にならないように思います。かたや楽しいこと、私の場合、趣味の釣りですが、専門用語や釣り方などアメリカから来た文化ですので覚えにくい用語が多々ありましたが、覚えようと意識せずとも気付いたら覚えてました。
    本書でも紹介された感情を揺さぶられるようなライブな体験、例えば、映画、芸術、音楽、五感を刺激されることを楽しみ、積極的にインプット体験をして行きたいと思いました。
    ③-アウトプット前提(AZ)でインプットを行う-
    何となく読む、聞く、見るのはNG。人に話す、SNSでの発信、その他ネットでの投稿など、アウトプット前提で学ぶことを意識するだけで記憶への定着が違うとのこと。
    ある程度、学ぶことに対して、緊張感を適度に持ち、アウトプットする為に学ぶ。それにより、学びの吸収度合いが異なるのは、新たな気付きでした。
    あることを学びたければ、ネットから情報収集(きっかけを作り)し、読書で知識を増やし、アウトプットによって「知恵」を得る。
    私はこの本で学んだインプット術を元に、好循環なインプット、アウトプットサイクルを大切に今後行動して行きたいと思いました。



  • インプット大全を読むまで
    今まで樺沢先生の本は何冊か読んでおり、インプットは3割アウトプット7割を目安に!という方針のものが書かれており、行動する上で常に助かっていた。

    自分のもっぱらのインプット、アウトプットは日々のメモ!
    前田裕二さんのメモの魔力でつちかったメモ!
    メモ魔になってやってたことは常に、なに?なぜ?をもって日々を過ごすこと。それを思って終わりではなく、メモに書きそこから分析、自分の行動に落とし込んでいくという方法。

    このなぜ?なに?の対象が増えすぎて、本当にこのインプット方法であっているのか?もしかしたら自分の知らないインプット方法があるのでは?という不安があった。

    もう一度インプットを見直したいと思っていた矢先にこの本が出版された。

    内容はまさにインプットの辞書。

    インプットするということが何なのか、その方法にはどんなものがあるのか。など大量の情報が入っている。
    しかも今回のこのインプット大全。
    なんといってもよく出てくるのがAZ(アウトプット前提)という言葉。

    ただ単純にインプットするのではなく、先(アウトプット)を見越してのインプット。この効果は絶大である。
    だれかに話す前提、レポートを書く前提、まとめてスライド発表する前提。
    このプレッシャーでより、従来のインプットが研ぎ澄まされていく。
    今まで以上の成果を出すためインプットがより効果を発揮する。

    自分の成長を促す一冊。
    特にインプットに迷った方、見直したい方是非手にとってもらいたい一冊だと思います。

    30超えた子持ちのおっさんが常に成長を感じて日々が楽しくてすごく眩しい。
    通り過ぎていくことがすべて自分を成長させてくれる。
    この楽しさをだれか1人でも理解してくれますことを願って書いてみました。

  • 以前から気になっていた本。本を読んでも、膨大な量をどうインプットしたらよいか分からなかったけど、3つのことが得られればよい、とあったので、気持ちが軽くなった。⇩読んだら後自分なりの解釈で書き留めた内容。

    ・月に10冊読むより、月に3冊ホームラン本を読むほうがいい
    ・二週間に三回アウトプットすることで、記憶が定着していく
    ・メモは全てとらない。あっと思った気付きをメモする!
    ・何のために本を読むのか、何のためにその講義に参加するのかを自分が把握してから読む、参加することが大切
    ・質問する前提で、ブログにアップする前提で、話を聞いたり、見たりする
    ・脳は一度に三つのことしか記憶できない。
    ・二週間に三回のインプットでも、それなりの記憶定着はある

  • わかりやすく、多くの気づきを得ることができた本だった。

    例えば、セミナーでは、ついつい多くのメモを取ることに一生懸命になっていたが、自分の行動を変えるような気付きをいくつ持ち帰るかが重要だという点にハッとさせらせた。非言語情報を受け取ることがセミナーの目的であるという点を再認識した。

    また、最近会社で「情報にまみれなさい」と言われスマホを長時間使用することが多かった。しかし、これはデメリットと教えられ、この本に書かれているやり方で情報収集をしていきたいと思う。

    心理学や医学的な根拠が示されているため、内容がスッと入ってきた。書かれていることを実践していきたいと思う。

  • ブクログで200以上の本を登録してるが、非公開のメモしか入力していなかった。この本を読んで、読んだ本をSNSでアウトプットするといいと書いてあったので、これからは公開用の記録もしていこうと思う。

    ・インプット3 : アウトプット7が黄金比率
    ・2週間で3回以上のアウトプットまたはアウトプット
    ・アウトプット前提でインプットを行うと記憶に残る
    ・メモを取ることで集中力が高まり、頭が整理される
    ・セミナーではメモを取る時間は3割程度に留めて、要点のみを記録する
    ・勉強前にテンポの早い曲や好きな曲を聴いてテンションを聴くとドーパミンが出て効率アップ&短期記憶が向上
    ・映画やセミナーの直後10分でアウトプットをする
    ・マンダラチャートを作る
    ・脳が一度に記憶して処理できる情報は3つまでなので欲張りすぎない
    ・午前中の次にインプットに適した時間は就寝前15分(勉強後は何もせずに眠る)
    ・週2時間はの有酸素運動で記憶力アップ
    ・何かを記憶する場合は運動中が効果的

  • 「アウトプット大全」の著者による「インプット大全」。
    当たり前のように実践していることやなんとなく身につけてきたやり方を改めて脳科学的に説明してくれているので分かりやすいし、記憶に残りやすい。

    キーワードは「AZ(アウトプット前提)でインプットする」こと、これに尽きる。
    具体的には情報を素通りさせるのではなく、説明や振り返り、SNS等を通してなんらかの形ですぐにアウトプットしていくことで知識として定着させるということになる。
    そしてこの意識を持ってインプットすることで集中して物事に取り組める。
    その手法やシチュエーションをひたすら網羅的に解説している内容となっている。
    章立ても適切、項目の並びも順序がよい。

    個人的になるほどと思った箇所はいくつもあるが、メモの取り方で聞くことに集中して大事なことだけをメモするというのは大学時代ぐらいに知っておきたかったかも。
    自分はどちらかというと1字1句漏らさずに書こうとするタイプだった。
    また最後の応用編に出てくる3+3法もなるほどと思った。タスクが増えてきた際に分割して乗り切ってきたことが説明されるとストンと理解された。

    個人的にはかなり学びの多い書物だったと思っている。一部冗長的、個人的だと感じる部分もあるが、大全とある通り、網羅的で実践的である。
    これからの時代は本書にもある通り、AIや働き方改革などで個人の成長が要求されていく。
    自己成長につなげるための本としては確かにバイブル的なものになっても良いのかもしれない。


    以下、各章を読み終えるごとに書き出して整理してみたメモを記しておく。

    インプット大全

    AZでインプットする。
    目的を持ってインプットする。
    インプット後に感想を言う。
    素通りにしない。

    読んで書く読書。
    読んだら感想を書く。
    目次とパラパラ読みで全体把握してから詳細理解。
    ビジネス書だけでなく小説も読んで共感力や想像力を高める。
    先入観を持たずに読んでインプットにバイアスをかけない。
    ニュートラルな立場に立つべく賛成・反対・中立の三者の意見を聞く。
    紙媒体と電車書籍を併用して深読・多読を実践する。

    生でインプットする。非言語情報を取り入れた方が記憶に残りやすい。
    最前列で講義を聞く。非言語情報まで含めてよく頭に残る。
    目的を持ってセミナーなどを受ける。終わったらアウトプットをする。
    質問をする。曖昧だとできない。分かるからできる。
    話は重要な点をメモにとる。聞いて理解し、メモに集中しすぎない。
    一方でメモを取ることで脳が刺激されることもある。
    耳で学ぶ。時間がない人、活字が苦手な人のオーディオブックの勧め。
    男性はアドバイスを女性は共感を求める。
    お互いに話し合う。上司に聞くのと同期に聞くのは得られるものが異なる。
    傾聴する。
    同情(自分の立場)ではなく、共感(相手の立場に立つ)。否定しない。
    相手のネガティブをポジティブにいなす。
    音楽は場合によって使い分ける。
    作業前にドーパミンの出る音楽を聴くと効果的。
    音楽を聴きながら作業するのは脳に負荷をかける。
    作業には向くが勉強には向かない。
    クラシックとハードロック、好きな曲ではそれぞれ効果が異なる。
    無音の方が集中できる人と雑音ありきの方が集中できる人がいる。

    観察する。
    非言語情報を読み取り、コミュニケーション能力が上がる。
    会話がスムーズになる。
    アンテナが鋭くなりビジネスチャンスを見つけやすくなる。
    精神科医の15のポイント
    OODAサイクル、観察、方向付け、決断、行動
    観察+なぜ?
    身近な疑問も確認していく。
    電車内の人の職業、置かれた立場を想像する。
    映画鑑賞は非言語情報の宝庫。役者目線、背景目線、さまざまな目線で見てみる。
    芸術鑑賞もしかり。静止画に込められた情報は何か?
    リトマス法で相手の心理を探る
    2週間に3回以上アウトプットすることで記憶に定着する。
    思い出す、インプット回数を増やすのも効果がある。
    メモはネタ帳、月に1度整理することも重要
    テレビは最大の情報源。年代ごとにテレビを観る時間は異なる。AZ前提で観る。録画して無駄時間わ減らすことが大事。
    映画鑑賞もAZ前提。非言語情報を多くキャッチして脳を刺激する。共感力を高める。
    芸術鑑賞はこれからのSTEAM教育でも必須。様々な能力向上に効果がある。美術館に行く際は音声を聞くと情報収集力アップ。やはりAZ前提で観る。
    生情報によるインプットも効果的。
    自然に触れることでα波が出てストレスホルモンのコルチゾールも下がる。近場の公園など、リラックスの場を見つける。
    目を閉じることで脳の回復力がアップする。
    資格情報は脳の処理の80〜90%を占めるため不要ならば取り除く。

    インターネット
    情報は残らないが、知識は残る。本を読んで知識を得る。
    メールを返すのは時間が空いた時に実践する。
    フォルダ分けをして必要な情報とそうでない情報を分ける。
    インターネットにおける情報収集は自動化する。
    (グーグルアラート、SSRリーダーなど)。
    検索をする場合は検索術を心得ていく。
    キュレーターをフォローする。タイムラインが情報収集板となる。
    情報の正確性を自分で見極めることが大事。
    情報をシェアする。何か一つの情報に自分のコメントをつけて拡散することで強烈なアウトプットとなり、自分も他社もwinwin。
    YouTubeは効果的な学習ツールとなる。非言語情報が多く、動画の方が文書よりも残りやすい。特に未知の体験など。
    一番は直接人に会うことが最も脳を刺激する。
    画像でメモすると速くて記憶に残る。
    ネットのページを保存する際はPDFにするとすぐに文書としても使え、URLの期限が切れても使える。
    スマホ依存症にならないように利用時間を制限する。
    (1時間以内が目安。学習内容が抜け落ちることが言われている)
    ニュースを見るのは必要なところだけにする。テレビのニュースはネガティブな情報が多い、無駄な内容が多いことで利用を制限すべき。
    雑誌は広く網羅的で専門家の意見もあるが、内容が浅い。
    補足的に専門書などを読むとよい。

    学ぶ
    100人と1回会うよりも10人と10回会う。ザイオンス効果で何度も会うことで親密感が上がる。深い話ができる。
    学ぶは真似ぶから来ている。自分の憧れとなるようなメンターを見つけられるとモチベーション向上に役立つ。モデリング効果がある。
    コミュニティに所属することで意識や興味が同じメンバーと活動して自己成長を促せる。
    個人レッスンなど人と会って話す際には最低限の知識を入れていくのがマナー。ありがとうは何度言われても嬉しい。与えられることを求めるのではなくて与えることのできる人間を目指そう。
    語学力をつけることも大事だが、コミュニケーションして仲良くなることが大事。
    歴史に学ぶ。なぜの宝庫なので洞察力や問題解決力が上がる。偉人に学べばモチベーションアップになる。
    資格は最強の脳トレ。レベル分けされているのもドーパミンが出やすい。資格を使いこなせるかはその人次第。
    受動的娯楽と能動的娯楽では能動的娯楽を増やす方が良い。
    旅をすることで視野が広がる。トラブル解決能力が上がる。
    最寄りから30分の知らない駅に降りるだけでも新たな発見がある。専門家と回ると気づきも多く得られる。
    海外旅行は仕事のモチベーションにもなる。異文化体験を積み重ねてたり、雄大な自然美に触れたりして脳を活性化する。現地の人に積極的に話しかけ、現地発のツアーに乗り込んでみるべき。
    自分の予定は自分で決める。仕事もプライベートもto do リストを作って同じぐらい大事にする。リフレッシュの上手い人が仕事を上手くこなせる人。
    自分を知ることは人間力向上になる。
    病気は身体が発するサイン。自分を知る良い機会となる。しっかり原因を探り糧とすることで問題解決力も養われる。
    食べることは生きること。ドーパミンがでたり、エンドルフィンが出たりする(脂っこいもの、甘いもの)。自分の身体の一部になる。
    美味しいものを食べることはモチベーションアップにつながる。素人の写真でも美味しいものはわかる。
    お酒は適量を飲むのがベターとされているがJカーブには否定的な見解もある。
    お酒はコルチゾールの分泌を促したり、長期の摂取は抑うつを招くこともある。コミュ二ケーションの潤滑剤として活用しよう。
    料理は段取り力を鍛えるトレー二ング。脳を活性化するし、複数工程を同時にこなす作業はワーキングメモリーを鍛えるのにも役立つ。

    応用編
    精緻化することで記憶に残す。追記、比較、関連付け、語呂合わせ、ストーリー化など。保持の部分で効果がある。
    インプットした直後が最も情報が新鮮なのでここで全アウトプットをする。全アウトプットは精緻化のプロセスに当てはまる。
    脳内情報図書館構築のためのマンダラチャート。アンテナが立ちやすくなり、情報収集力が上がり、その分野に対する即答力もあがる。
    一度に学べるのは3つまで。ただし、3つ処理したらまた3つ処理できる。3+3法。
    寝る前は記憶が残りやすい。寝る前に不要な情報は入れない。
    週に2時間以上の有酸素運動は脳を活性化する。
    運動は複雑なものを実践するとよりよい。ながら運動は有り。
    休み時間には歩いたりしたり運動すると良い。スマホ見っぱなしはよくない。
    座りつづけているのは身体によくない。時折立つ。
    場所ニューロンを活用(仕事場を変えたりする)することで記憶効率、作業効率がアップする。
    学びは10年後に役立つ。学んだことをすぐに実践してもそれが習慣化するのはだいたい1ヶ月後、さらに人生に影響を及ぼすのは10年後。

  • ベストセラー「アウトプット大全」の続編。令和時代の教科書を目指した知的生産性を高めるビジネス書。

    前著ではアウトプットの重要性を説いた筆者、とはいえやはり入ってくる情報、インプットももちろん重要。

    精神科医の立場から本の読み方、話の聞き方、観察力など効果的な手法を紹介する。特にインターネットの活用法が有用。

    ただし前著に比べるとネタ切れなのか美術館めぐりや旅などまで話が飛躍し、薄味な印象。

    前著と同様、見開きで1テーマなのは実に読みやすい。気になる部分だけを読むツマミ食いも良いだろう。

  • 娯楽の一つであるテレビや映画でも、アウトプットするという目的を持って見れば、必ず気づくことや自分の力になるようなことがある!
    仕事も遊びもアウトプット前提で取り組むことが大事。
    インプットしてからすぐアウトプットするようにしないと忘れちゃうから、できるだけすぐアウトプットするようにしたい。

  • どれも実行するには手軽なものが多い。まずは自分の意識を変え、やがて習慣を変え、生活をかえ、人生を変えていくという流れで、本書の内容が血肉となるよう心がけたい。

全253件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

精神科医、作家、映画評論家。1965年札幌生まれ。札幌医科大学医学部卒業後、同大神経精神医学講座に入局。大学病院、総合病院、単科精神病院等に勤務。2004年からイリノイ大学に3年間留学。鬱病、自殺予防の研究に従事。帰国後、樺沢心理学研究所を設立。YouTube、Facebookなどのインターネット媒体を駆使しメンタル疾患の予防を目的に精神医学、心理学の情報を発信している。著書は、シリーズ累計70万部『学びを結果に変えるアウトプット大全』『学び効率が最大化するインプット大全』(サンクチュアリ出版)など、30冊以上。映画関連では、『スター・ウォーズ「新三部作」完全解読本』(三一書房)がある。

「2020年 『父滅の刃』 で使われていた紹介文から引用しています。」

樺沢紫苑の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スペンサー ジョ...
松下 幸之助
リンダ グラット...
メンタリストDa...
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印

学び効率が最大化するインプット大全を本棚に登録しているひと

ツイートする
×