学び効率が最大化するインプット大全

著者 :
  • サンクチュアリ出版
3.83
  • (30)
  • (43)
  • (26)
  • (7)
  • (3)
本棚登録 : 1014
レビュー : 65
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784801400696

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 面白い

  • 2019年9月読了。
    「アウトプット」も読んだけど、こちらの方がいくらか既に実践していることが多い感じ。
    インプット偏重なんだね、きっと。

  • 学びは3つ

    目的を持って、またはアウトプットを前提にして過ごすこと。

    スマホを断つこと。

    生で得られる非言語情報を意識すること。

    スマホに関しては特にLINEの通知をoffにしてからの生産性が高いと思う。

  • アウトプット大全と対になる本であったが、あくまでアウトプットが土台にあっての内容なので、この本単品だけ読んでも何かが劇的に変わる感じはしなかった。インプットの効率を上げるにはあくまでアウトプットを想定しておくことが大切であることは、アウトプット大全にも書いてあったことだし、インプットのフォーカスだってアウトプットが念頭にあれば必然的に焦点化されるわけなので…。アウトプット大全だけで充分だったかなあ。

  • インプットを効率化して、
    限られた時間で、良質な学びを手に入れることについて書かれた本

    このテーマの本はよくありがちだが、この本の違うところは著者の経験である。
    樺沢紫苑 (著)は、精神科医である。
    著者自身時間がないなか、大量のインプットとアウトプットを繰り返している。
    その中で培われたテクニックを、科学的に解説している。

    ◇ 結論

    アウトプット前提でインプットする。

    ◇ こんな人にオススメ

    時間がない中で効率の良い学び方を知りたい人
    学んだことが記憶に定着せずに悩む人
    学びを行動に移せずにいる人
    アウトプットの質を上げたい人

    ◇ 目次

    <CHAPTER1 インプットの基本法則【RULES】>
    ■インプットは「量」より「質」を重視
    ■インプットの精度を高めるには
    ■記憶にとどめて、初めてインプットが成立
    ■アウトプット前提のインプット術
    ■必要な情報だけを集める方法 他

    <CHAPTER2 科学的に記憶に残る本の読み方【READ】>
    月に3冊読む/深く読む/感想を前提に読む/本を選ぶ/効率よく読む</br>問題解決のために読む/小説を読む/電子書籍を読む 他

    <CHAPTER3 学びの理解が深まる話の聞き方【LISTEN】>
    効率的に聞く/耳学する/オーディオブックを聴く/パートナーの話を聞く</br>傾聴する/楽に聴く/英語を聞く/音楽を聴く/自然音を聞く 他

    <CHAPTER4 すべてを自己成長に変えるものの見方【WATCH】>
    観察する/観察力を磨く/見直す/メモを見直す/テレビを見る/映画を観る</br>ライブを観る/美術鑑賞する/自然の風景を見る/見ない 他

    <CHAPTER5 最短で最大効率のインターネット活用術【INTERNET】>
    情報を見極める/キュレーターをフォローする/情報を宅配便化する</br>高度に検索する/ストックする/シェアする/画像でメモする/制限する 他

    <CHAPTER6 あらゆる能力を引き出す最強の学び方【LEARN】>
    人と会う/コミュニティに参加する/自分を知る/歴史から学ぶ/資格をとる</br>語学を学ぶ/上手に遊ぶ/旅に出る/食べる/お酒を飲む 他

    <CHAPTER7 インプット力を飛躍させる方法 応用編【ADVANCED】>
    ■精緻化して覚える
    ■インプット直後にアウトプットする
    ■脳内情報図書館を構築する 他

  • 自分の生活や人生を豊かにしてくれるインプットを、自分に合った方法で試せる、きっかけになる本

  • 大事だと思った点。

    ・アウトプットを前提として読むこと(他人に説明できるようなレベルで)

    ・学びを欲張らないこと。3つの気づきを得られれば十分。

    ・10年後に備えるインプットを!

  • 内容は薄いのだが、目的を設定し意識して摂取することが肝要ということをずっと説明している。
    要は難しい方法や近道はなく、それを常にしなさいということだ。

  • <目次>
    第1章  RULES(インプットの基本法則)
    第2章  READ(科学的に記憶に残る本の読み方)
    第3章  LISTEN(学びの理解が深まる話の聞き方)
    第4章  WATCH(すべてを自己成長に変えるものの見方)
    第5章  INTERNET(最短で最大効率のインターネット活用術)
    第6章  LEARN(あらゆる能力を引き出す最強の学び方)
    第7章  ADVANCED(インプット力を飛躍させる方法<応用編>)

    <内容>
    こうしたハウツー本を多く出している樺沢氏の新刊。『アウトプット大全』が一番のヒットか?
    今回は「インプット」にしぼった内容。むろん、似た話が多いのだが、見開き2~4ページに簡単にまとめられ、結構わかりやすい文なので、使い勝手はよい。やや厚いが手元で引きながら読みたい。

  • 2019/08/蔦屋
    ●本当に必要な情報以外捨てる勇気を
    ●ノートを取るのは、本当に重要なポイントだけ
    ●3つの気づきがあればいい

全65件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

精神科医

「2018年 『人生うまくいく人の感情リセット術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

学び効率が最大化するインプット大全のその他の作品

樺沢紫苑の作品

ツイートする