ブレイン メンタル 強化大全 (サンクチュアリ出版)

著者 :
  • サンクチュアリ出版
3.75
  • (35)
  • (74)
  • (52)
  • (7)
  • (4)
本棚登録 : 1008
感想 : 76
  • Amazon.co.jp ・本 (267ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784801400801

作品紹介・あらすじ

総フォロワー50万人の人気精神科医が贈る、_x000D_
心と脳のヘルスケア・決定版!!_x000D_
_x000D_
ビジネスマン、学生、高齢者、老若男女、あらゆる人達が_x000D_
自分史上最高のパフォーマンスを手に入れる!_x000D_
_x000D_
睡眠、運動、食事、休憩、生活習慣……_x000D_
日本一ヘルスケアについてアウトプットしている精神科医が贈る_x000D_
健康戦略辞典。_x000D_
_x000D_
科学的根拠に基づいた心と脳のパフォーマンスをあげる習慣100!!_x000D_
_x000D_
起きてから寝るまで、日常のあらゆるシーンから紹介。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 親切はどんどんしよう。
    自分の心と身体に良いから。

    悪口はやめよう。
    自分に毒だから。

  • 《とにかくまず“ASP”をやる!》

    コロナ禍で外出自粛によりメンタルが悪化しつつあるのを感じていた時期があります。うつを発症するのではないかと不安を感じた時に救ってくれたのが、著者がYoutubeで何度も何度も重要性を発信していた“ASP”こと『朝散歩』でした。
    起床後1時間以内に15〜30分程、音楽を聴きながらリズミカルに早歩きをする、それだけ。
    効果は絶大です、私が特に感じるのは3点です。

    1、気分爽快に一日を始められる
    幸福感を感じる脳内物質セロトニンが、日光を目から取り入れることで活性化します。清々しい1日を過ごせることでしょう。

    2、睡眠の質が良化する
    午前中にセロトニンを活性化させると、夕方からセロトニンを原料として睡眠物質であるメラトニンが分泌されます。メラトニンが寝付きを良くし、疲労回復を手伝ってくれます。

    3、運動が習慣にできる
    汗をかいて気持ち良いことを実感すると、もっと気持ち良い汗をかきたい、身体の変化を感じたいという気持ちが湧いてきます。私は簡単な筋トレとウォーキング+ジョギングを週に2〜3回行うことが楽しくなってきました。

    著者はYouTubeで心身の健康には
    「睡眠」「運動」「朝散歩」が必要であると
    繰り返し発信しています。
    私はその中で「最初に始めるのはどれから?」を尋ねられたら迷わず『朝散歩』と答えます。

    “ASP”最高っ!!

  • メンタル、ブレインを健全な状況に維持するための要素が詰まった本。
    睡眠、運動、ストレス減、節酒等、あたりまえのことではあるが、疎かにしている自分がいる。手元において日々自らの生活をチェックするために活用。

  • 極度のストレス状態であった時、
    樺沢先生のyoutubeチャンネルに出会い
    本書を読むに至りました。

    本書は心を守ることと同時に、
    自己成長もしていける
    具体的な方法を示してくれています。

    ストレスの原因にだけ向き合うのではなく、
    まずは自分の体と向き合い、
    運動、睡眠、朝散歩を継続することで、
    心身共に整い、
    集中力やパフォーマンスを最大限に高められるということが
    大変わかりやすく記されています。

    特に、
    整った心を持つためには必須である
    「セロトニンの活性化」をするための
    朝のプロセスが、
    夜の睡眠へと繋がる点も非常に面白く、
    実行すると本当に心身が楽になっていくことに感心しました。

    人間誰しもストレスを抱えながらも
    何とか成長もしたいという願望はあるかと思いますが、
    毎日を整えていくことが
    あらゆることへの近道なのかもしれないと
    感じました。

  • いかに生活をよりよくできるかを精神科の樺沢先生が書かれた本。ストレスフリー超大全を読み、多く学びを得たのでこちらも購読。

    「学んだこと」
    ・人に親切にするとオキシトシンが分泌され幸せを感じることができる。
    ・多くの人は7時間睡眠をとることで、精神的にも肉体的にも健康な状態に近づく。
    ・徹夜は遺伝子レベルでダメージが残る。
    ・睡眠の2時間前にブルーライトや興奮系の娯楽を避けると質のいい睡眠が取れる。
    ・日中に活動的に行動する(交感神経を高める)ことでより良い睡眠が取れる。
    ・普通のウォーキングに30秒全力で走ることでより成長ホルモンが出る。

  • 筋トレが先、有酸素運動が後
    トレイルラン
    メンタル疾患において、運動は薬物療法と同程度かそれ以上の効果が認められる
    30分の朝散歩(途中でダッシュ)、公園で瞑想
    風邪を1日で治す方法はカイロ3枚とタオル

  • 樺沢先生の本は、内容もさることながら構成も非常に良く分かりやすく読みやすい。YouTubeも毎日拝見しているが、短く簡潔でわかりやすく、何よりもぶれてないところが信頼のおけるところである。

    健康な心と体のために睡眠が何よりも大事という事は意識して生活しているのだが、何せぐっすり眠れない。睡眠の質を向上するためにも、私の生活に運動を取り入れないといけないということがわかった。少しでも体を動かさなければならないが、忙しい、時間がないと言い訳ばかりしてなかなか着手できなかった。しかし、子供と20分間鬼ごっこをしてみると、やるまではめんどくさいし体は疲れるのだが、気分は爽快!「これが運動の効果か!」と効果を痛感した。アプリで睡眠の質を見てみると、深く眠れていることがわかった。隙間時間に運動したり、生活の中で体を動かすことを続けていきたい。

    【特に参考にしたいところ】
    ○疲れている時こそ運動して疲れを取る。(樺沢先生は、海外旅行から帰ったらすぐにスーツケースを置くとスポーツジムに行く。小一時間ほどのハードトレーニングをし、入浴して眠る。睡眠がものすごく深く、旅行の疲れがほとんど一晩で回復できるそう)

    ○運動は、午前中、夕方16時ごろ、食後2〜3時間が効果的。

    ○運動するなら、筋トレが先、有酸素運動が後。

  • 働く女性の私が気をつけたいと思ったこと

    ■筋トレは必須、冷え性対策
    ■仕事でミスが増えたら、脳疲労の兆候、脳疲労ほメンタル疾患の予備軍
    ■レジリエンスを高めよう

    すでにレジリエンス高めの意識であることがわかったので周りの人も高くなるように働きかけよう

  • 1 睡眠(日本人の4割は睡眠不足;睡眠不足は、「命」を削る―睡眠不足のデメリット1 ほか)


    2 運動(運動のすごいメリット;運動不足のすごいデメリット ほか)


    3 朝散歩(「朝散歩」で文章が3倍速く書ける;朝日が幸福物質「セロトニン」を活性化する ほか)


    4 生活習慣(喫煙者は、喫煙したときしか集中力がない;タバコの害を帳消しにする方法 ほか)


    5 休息(「自己洞察力」アップが最大の健康法;孤独は健康に悪い ほか)

  • 樺沢先生の本は内容が整理されていてわかりやすい。ちゃんと参考文献が挙げられており信憑性も高い。
    ・7-8時間睡眠 
    ・週2時間以上の運動
    ・起床1時間以内に15-30分の朝散歩
    ・禁酒禁煙
    ・1日3食、和食、糖質適正。バナナ

全76件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

精神科医、作家1965年、札幌生まれ。1991年、札幌医科大学医学部卒。2004 年からシカゴのイリノイ大学に3年間留学。帰国後、樺沢心理学研究所を設立。「情報発信を通してメンタル疾患、自殺を予防する」をビジョンとし、累計60万人以上に精神医学や心理学、脳科学の知識・情報をわかりやすく伝える、「日本一アウトプットする精神科医」として活動している。シリーズ累計90万部の大ベストセラーとなった『学びを結果に変えるアウトプット大全』『学び効率が最大化するインプット大全』(サンクチュアリ出版)の他、38冊以上の著書がある。

「2022年 『もしも社畜ゾンビが『アウトプット大全』を読んだら』 で使われていた紹介文から引用しています。」

樺沢紫苑の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
出口 治明
アンデシュ・ハン...
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×