恐怖箱 仏法僧 (竹書房文庫)

  • 竹書房
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784801903524

作品紹介・あらすじ

恐怖箱、夏の名物=トリニティシリーズ。3人の怪談ハンターが独自のルートで集めてきた恐怖体験を披露し、怖さを競い合う怪談バトル、最凶の実話アンソロジーである。厭怪談の妙手のつくね、女性ならではの嗅覚で怪を抉る橘、暗闇から重厚な恐怖を引きずりだす雨宮。最恐は誰のどの話だ!?全24話書き下ろし!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 結局原因はなんだったのか?とモヤモヤと怖さが残るのが実話怪談。書き下ろしなのが嬉しい。
    「溶けた人形」「家族写真」が無気味さを残し「灯台もと暗し」で強い切なさを感じて印象に残りました。

    最後のつくね乱蔵さんのあとがきでゾッとした

全1件中 1 - 1件を表示

恐怖箱 仏法僧 (竹書房文庫)のその他の作品

つくね乱蔵ほかの作品

ツイートする