名医は虫歯を削らない 虫歯も歯周病も「自然治癒力」で治す方法

著者 :
  • 竹書房
4.26
  • (10)
  • (9)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 150
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784801908871

作品紹介・あらすじ

今までの歯科常識を打ち破る1冊!!痛くない!治療時間は10分!歯の寿命まで伸ばす!TV「世界のスーパードクター」他多数のメディアで話題沸騰!カリスマ歯科医の革新的治療法が初書籍化!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • うーん、よかった!

    ①象牙質の液体輸送システム
    体を流れている物質はやがて歯の神経を削り、歯の表面に出てくる。

    歯が虫歯になる理由は外に食べ物のカスが付いていたから、だけではない。内側から虫歯になる場合もあるのだ。だから表面に穴が開いていないときがあるのかー。

    ②スタイマン博士は、この体内の液体が歯を抜けて口の中に流れ出る「象牙質液体移送システム」が逆流したり、停滞する原因として、次の5つを挙げています。
    (1)砂糖
    (2)ストレス
    (3)運動不足
    (4)微細栄養素不足
    (5)薬物

    シュガーカットをする、ミネラル・マグネシウムをとることで、虫歯はかなり抑えられる。特に砂糖!!を辞めたら9割の虫歯は治る。衝撃的内容だ。砂糖がどれだけ歯にとって有害かが分かる。

    ③実は食事をして歯について賛成の食べ物は、歯の表面になるエナメル質をやわらかくする性質があります。しかし唾液には口の中を中和し、エナメル質を再び修復する再石灰化の作用があるため、30分もたてば元の状態に戻ります。
    ところがすぐに歯を磨いてしまうと、まだやわらかい、エナメル質が削り取られるばかりか、再石灰化も途中で妨げられることになります。その結果、エナメル質に穴が開いてしまうのです。そのため私は、食後すぐではなく、30分以上たってからの歯磨きをおすすめしています。

    今まで、なんですぐ歯磨きしちゃいけないのかなと思っていたけど、こういう理由があったわけか。意味を知るって大事。今度からはすぐ歯磨きしないように、ルーティンの順番を変えてみよう。

    ④自然治癒力を促すドックベスト療法
    成分には、殺菌作用のある銅2%、鉄1%そして複数のミネラルが含まれており、虫歯の穴に詰めることで、虫歯菌を死滅させ、歯の再石灰化を促してくれるのです。治療時間はわずか10分、フタで密閉して新たな菌の侵入を防げれば、徐々に痛みも消え、気づかないうちに虫歯も治っているという、まさに夢のような虫歯治療法です。

    結局、本当によいものが広まらないのは、保険がきかない、点数が付かない、製薬会社がもうからない、とみんながつながっているから。

    ⑤友人から酸性体質とアルカリ性体質に関するドイツの論文を紹介されました。そこには、酸性物質の方は歯が着色傾向にあると書かれています。
    (中略)
    着色のある患者さんは酸性体質の方が多く、しかも虫歯ができやすい傾向にあったのです。
    (中略)
    以上のことを考えると、酸性体質の人は少しでもアルカリ体質になるよう食生活を見直すことで、虫歯をはじめ、さまざまな病気になるリスクを減らせる可能性があります。

    やっぱり。自分は酸性体質だと思う。着色傾向あり。
    2人の子どもも、同じように歯磨きして、同じようなもの食べているけど、上の子は虫歯になりにくく(着色傾向もない)下の子は虫歯になりやすい(着色傾向もある)。違うなあと思っていた。
    食事でも体質をある程度は変えていくことができそうなのは、救いではあるが。

    ⑥アルカリ性食品
    野菜(ほうれん草、ゴボウ、サツマイモ、ニンジン、里芋等)
    くだもの(メロン、レモン等)
    海藻(ひじき、わかめ、昆布等)
    キノコ、干しシイタケ、大豆など。

    食べてるんだけどなあ。まだまだ足りないんだろうな。

    ⑦骨の強化に欠かせないマグネシウム
    細胞内にたまったカルシウムを押し出すには、ある栄養素が必要となります。それはマグネシウムです。カルシウムは自分の力で細胞の外に出ることはできませんが、マグネシウムにはその力があるため自分が細胞から出るときにカルシウムを一緒に押し出すポンプの働きをしてくれます。するとカルシウムは体内を巡ることができるようになるため、カルシウム不足の状態を回避することができるのです。

    カルシウムとるだけではだめ。マグネシウムが必要。
    給食で牛乳飲んでる場合じゃない ( ´艸`)
    海藻類、ヒジキ、メカブ、のりなど。
    岩塩などもマグネシウム多い。

    食生活を見直すきっかけになった。

  • シュガーカットの生活について、
    気にし過ぎも良くない、と言い訳をしながら砂糖をとり続けてきましたが、満を辞してやってみようと思いました。
    一度削ってしまった歯は、元には戻せないのかな…

    ドックベスト療法について、
    本当に再石灰化するのか懐疑的ではありますが、
    本当だとしたら、もっと広まって欲しい。
    もっと早く知っていれば、という気持ちもあるけれど、今知れて良かった。
    消費者として、健全に人のために力を尽くしてくださっている人を、選べる知恵をつけたい。

  • シュガーフリーの生活に挑戦してみようと思えた。
    砂糖をとると胃と十二指腸の働きが1時的にストップしてしまう。ドーパミンによる多幸感で中毒症状を引き起こす。ドーパミンは感情の起伏を激しくする。アンチエイジングで美肌になる。
    歯にも良い。

  • 歯科医が大学でのお勉強ではなく、経験上知っている虫歯の原因と治療法がここに。歯医者に行く回数が減ること間違いなし。過去の経験から作り上げるのが学問。営利と既得権にまみれて事実に反することを正当化する現代医療は学問(医学)ではない。

  • 虫歯に対する考えが勉強になった。印象的だったのは①虫歯も自然治癒力があり自然に治る②歯を削ると健康に悪影響。安易に歯を削らない歯医者を選ぶべき③日本が予防に力を入れないのは、歯を削らないと診療報酬がもらえないから④歯の神経を抜くと歯周病になりやすい⑤歯を抜いたあとに病気になる原因がボーンキャビテーション⑥ドックベスト法⑦歯磨きは30分以上経ってから⑧虫歯予防には、食事内容や生活の見直しが必要。特に砂糖をとらないこと。野菜、炭水化物順に食べる⑨カルシウム不足にはマグネシウム。ワカメやヒジキ、海苔、天然塩

  • 歯の常識が覆る!
    虫歯は外からできるものだと思っていたら
    実は中からということも!
    虫歯が自然治癒することもあるなんて!
    目からウロコの一冊

  • 虫歯治療のあるべき姿を紹介する本。
    著者は歯科医。
    歯科の内情を暴露する非常に勇気のある内容になっている。
    日本の歯科医療の問題点を挙げつつ、体全体を考えた虫歯の治療を提唱している。
    最大の問題点は、歯科業界と製薬会社が儲け続けようとする姿勢と読み取れました。
    実は虫歯は多くの場合削らなくても治す治療法があり、再石灰化していくということ。
    がんやリウマチと歯周病は共通する特徴があり、歯周病になるということは逆もまたある。
    虫歯にならない為の習慣は以下(個人的に抜粋したもの)
    ・砂糖を取らない
    ・アルカリ性体質にする
    ・低GIを心掛ける
    ・運動をする
    ・食後すぐに歯を磨かない
    健康的な歯を維持したい人におススメです。

  • 言われてみれば歯だって再生すると言われても不思議ではない。ドックベスト治療法にはとても興味がある。しかし、まだまだメジャーな治療ではないことは事実。正に夢なような治療法なだけあって、何かデメリットがないなかと疑ってしまう。
    至極当たり前のことになってしまうが、食事療法ならばすぐに実践可能だ。医療関係の本を読めば嫌という程砂糖については、悪いことしか書かれていない。これだけ様々な分野で共通して言われていることであれば、本当に悪いのだろう。タバコの次に良く目にする気がする。

  • 虫歯は自然治癒するという驚きの内容。

    でも考えてみれば人間の自然治癒力にはそれぐらいの力があっても不思議はない。

    むしろ虫歯は削るしかない、という考え方の方が時代遅れの考え方なのかもしれない。

    この本で紹介されているドックベスト療法もとても興味があります。

    とても面白かったです。

全14件中 1 - 10件を表示

小峰一雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エーリッヒ・フロ...
エラ・フランシス...
ジェームズ アレ...
有効な右矢印 無効な右矢印

名医は虫歯を削らない 虫歯も歯周病も「自然治癒力」で治す方法を本棚に登録しているひと

ツイートする
×