人狼ゲーム MAD LAND (竹書房文庫)

著者 :
  • 竹書房
3.00
  • (0)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 22
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784801911420

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読んでてだんだん訳がわからなくなってきた。でも、最後の終わり方は嫌いではなかった。私としては、予言者と用心棒で勝利して欲しかったけど。

  • 人狼1、預言者1、用心棒1、狂人7の狂人村
    これって人狼カミングアウトでほぼ人狼陣営の勝利確定じゃね?
    村人勝利には奇数進行で最終日の吊りで2票入れるしかない
    まずは預言者が人狼騙りで護衛成功の確率が1/2
    そしてこのまま預言者護衛を続けながら他6人の狂人と吊り噛まれ逃れ合戦で最後まで生き残るんでしょ
    勝利確率10%もない
    狂人にしても最後の一人にならないと生き残れないので、自分の勝利確率は15%いかないくらい

    狂人が預言者騙りをする意味はないよなぁ
    人狼からしたらどうやっても真にしか見えないし、確実に最終的には噛まれる
    用心棒騙りで護衛成功後に人狼にカミングアウトで狂人と信じてもらう手がないわけでもないけど
    真用心棒もそれを騙ることもできるわけで、やはり優先噛み対象

    経験者はこの辺をわかってるはずなのに、行動がおかしいよなぁ

    とは思うものの、やはりここは陣営の勝利+生き残りのルールがうまくストーリーの展開の説明になってるなぁ
    ってか、よく生き残ったな

  • 狂人村という設定は良かった。
    けど、萌のノート見て、明らかに未来が人狼だと確信できるメモ書きだったのに、なぜ選択を誤ったのか理解出来ない。
    わからん。

全3件中 1 - 3件を表示

川上亮の作品

ツイートする