虚ろなる十月の夜に (竹書房文庫)

  • 竹書房
3.79
  • (4)
  • (4)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 100
感想 : 10
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784801912670

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ゼラズニイの遺作。
    クトゥルー神話とハロウィンをネタにしたこんな本を書いていたのか!
    いろんな魔物が出てくるけど、そのパートナーになっている動物たちが中心となっている物語。ゼラズニイの割にはわかりやすく優しい感じに描かれています。おしゃれなハロウィン・パーティーって感じ。ゼラズニイ丸くなったな。
    ペットの犬とか猫とか鳥があんなオシャレな会話してたら飼い主の自分は面目丸潰れだなぁ。ちゃんとしよ。

  • 犬の日記視点で描かれる異色の小説。
    ロジャー・ゼラズニイ27年ぶりの邦訳新刊。
    舞台は19世紀イギリス、クトゥルフ神話をバックボーンに切り裂きジャックや某「伯爵」、某モンスターや某名探偵が、ある儀式をめぐり駆け引きを行う。
     ところがあくまで主人公は使い魔たる犬であり、彼が主に他の使い魔(猫、蛇、梟、鼠、鴉etc…)とコンゲームを繰り広げるのだ。この犬の視点こそがこの小説の醍醐味であり、ゼラズニイの飄々とした文体とマッチしている。
     ゼラズニイがクトゥルフ神話を題材にして、動物視点でのコンゲームを描く、とモリモリの作品。
     なお、主人公の犬とヒロインの猫の名コンビっぷりは二匹の関係性も含めて特筆に値する。

  • クトゥルフ神話とかオカルトとかバスティーシュとか有名どころが使われててオールスターで楽しめる。
    主人公は素敵な使い魔のわんちゃんです。
    元ネタ探しも楽しいけど、この本自体が元ネタになってるので、これか、と繋がりを楽しむのも良きかな。

  • ハロウィンの時期になったら、また読もう。

  • 明言はされていないが切り裂きジャック、ドラキュラ伯爵、フランケンシュタイン、狼男という豪華キャスト登場のクトゥルフもの。使い魔の動物たちの会話がファンタジィ。面白かったけど、読む人を選んじゃうだろうな。

  • うひょ、語り手わんこ!ねこちゃんもおる。

  • ゼラズニイの未訳ものが出るのもビックリなら、ラノベの様なカバーで竹書房から出るのもビックリでございました。
    表紙絵にも違和感だし、オビの説明文も余計な気がするが、この方が若い子が手に取りやすいんだろうな…

  •  およそ四半世紀ぶりのゼラズニイ新訳だという。しかも最後の長編。厳密にいうと死後、ベスターの遺稿を補筆完成させた「合作」が出版されているので、最後の単独作長編。
     一人称主人公は番犬スナッフ。ところはロンドン郊外。時は19世紀。彼の主人はジャック。ジャックは呪いをかけられていて災禍を防ぐために夜中にいろいろしなければならないらしい。たぶん、女性の腹を割くようなことである。
     周辺には怪しげな人々が集まっている。それはゲームのプレイヤーらしい。誰がプレイヤーかはわからないが、プレイヤーはスナッフのような使い魔を持っているのでおよそはわかる。こうもりを使い魔として持つ伯爵。博士(グッド・ドクターというのが原語らしい)の家からは片言を喋る大男が現れる。スナッフと親しいネコのグレイモークの主人は魔女のようだ。そして巨大な狼。怪しい2人組、異教を崇拝する教区司祭、ロシア名の怪僧。相棒を連れた名探偵が巧妙な変装をして嗅ぎ回っている。
     ゲームは10月のあいだに終始する。プレイヤーには「開く者」と「閉じる者」がいるようなのだが、誰がどっちの陣営なのかは最初のうちはわからない。クトゥルー神話もモティーフになっているというから、この「開く」のがクトゥルーの古神の召喚に関わっているのだろうことは予想がつく。
     というような設定で、世紀末ロンドン・アヴェンジャーズみたいなオールスター戦である。

     スナッフは他の使い魔たちから情報を集めつつ、プレイヤーの総勢と彼らの居所を探る。それがわかれば中心地点を計測することができるからだ。中心地点とは何かもなかなか説明されないが、召喚点なんだろう。しかしどうも中心地点はそれらしくないところに算定されてしまい、隠れているプレイヤーがいるのではないかとスナッフは思う。そうこうするうちプレイヤーがひとりふたりと殺されて、事態は錯綜としていく。
     例によって、ゼラズニイの小説は、カッコいい。華麗といいたくなる。犬があたりを嗅ぎ回って情報を集めているだけで、なぜ華麗なのかよくわからないが、華麗なのである。

     10月1日に始まって30日に終わる小説を11月2日付けで発行する竹書房の編集者のセンスはどうよ、と思うのだが、まあ、こっちも読了が12月になってしまった。

  • まさか この歳になって 学生時代はまってたロジャー・ゼラズニイの、しかもクト●ルフ小説が読めるなんて…
    翻訳ありがとうありがとうありがとう

  • ほぼ四半世紀ぶりに邦訳された、ゼラズニイ晩年の長編小説。
    ゼラズニイは若い頃にハヤカワ文庫だったかで何作か読んだ記憶があるが、こういう作風だったか……。
    色々なところに細々とした仕掛けが仕込まれていて面白い。存分に楽しむには、クトゥルーよりも、他の、古典と言われる物語やネタを知っている方が良いかもしれない。

全10件中 1 - 10件を表示

ロジャー・ゼラズニイの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ピエール ルメー...
チャイナ・ミエヴ...
テッド・チャン
ハーラン・エリス...
アンナ カヴァン
スタニスワフ・レ...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×