日本人傭兵の危険でおかしい戦場暮らし (BAMBOO ESSAY SELECTION)

  • 竹書房
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・マンガ (122ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784801924529

作品紹介・あらすじ

本物の戦場で傭兵をしていた、軍事評論家・高部正樹を描いたコミックエッセイ。傭兵の報酬は? 食事はどうする? どうやって傭兵になるの? といった生活の裏側から、現地の市民との関係性、死にそうになった体験、戦闘の詳細、少年兵の実情などの報道されない真実まで、 本物の戦場のリアルを描きます。

著者プロフィール

大学在学中に『月刊アフタヌーン』で商業誌デビュー。漫画・イラスト・映画コラムと多方面で活躍中。著書に『僕と王様』『常岡さん、人質になる。』『母親やめてもいいですか 娘が発達障害と診断されて…』など。

「2021年 『うつ病は心の弱さが原因ではない』 で使われていた紹介文から引用しています。」

にしかわたくの作品

ツイートする
×