ラーメン大好き小泉さん 2 (バンブーコミックス)

著者 :
  • 竹書房
3.63
  • (14)
  • (25)
  • (28)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 353
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・マンガ (107ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784801950849

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ご当地ラーメンとかテーマパークとか、果てはインスタントまで幅広く紹介。
    水色のは、ちょっと躊躇いそうですが全部食べてみたい!(´∀`*)

  • 今回も小泉さんの満足顔を見てまんぞくした。今回も個性的なラーメンばかりで食べてみたくなる。腹がへる。

  • 「これは面白い漫画ですか?」と言われたら困るよね。
    「これはラーメンを食べている漫画ですか?」と言われたらそうですねと言うよね。

  • 登場人物増えて少し面白くなってくるかも。ラブコメに発展、、、はしないだろーな

  • 2巻まで読了。
    異様なまでにラーメンに執着するツンツン美少女(デレなし)小泉さんがひたすらラーメン道を追求するマンガ。ちょっぴり百合要素あり。個性派系ラーメンはイマイチそそられないけれど、例に漏れずラーメン屋に行きたくなってしまう。

  • 「伸びるぞ そこの豚野郎」(小泉さん/p74) ラーメンをただひたすら食すJK漫画第二弾。今回も話より、ラーメンが重宝されている。あたかもラーメンが主役のようで、小泉さんがおまけか、と思えば、盛りラーメンを食べることを強いられているんだ! という表情をする。それもかわいい。一巻に比べて、悠達の描写も増え、じわじわ小泉さんの影響を受けているのが感じられた。それにしても読んでると、舌がラーメンの味を求めるから困る。ラーメンくいてぇ。

  •  全巻に引き続き、ラーメン大好きな小泉さんを描いた物語である。
     個人的には、先の巻に比べて、このシリーズの楽しみ方が分かったような気がする。ストーリーやラーメンネタというよりも、幸せそうな小泉さんを見て楽しむ作品なのだ。
     様々なラーメンネタは、今少し深く説明が欲しいと思わされるが、ほとんどエッセンスのみが描かれているような内容である。ストーリー的にもこれといって何かがあるわけではない。
     しかし、ラーメンのある日常を過ごす小泉さんが、一時の幸せを堪能しているシーンは、必ず物語の中で描かれている。ここがツボなんだろうなと。

     そうして読んでいると、とても心温かくほのぼのとした気持ちにさせられた。よくよく考えれば、コンビニのイートインでカップ麺をアレンジしているのはかなり猛者であるが、その辺のツワモノ感も含めて小泉さんである。
     というわけで、星五つ。その視点で見ると、これは大変優れた作品である。各々のネタで語りすぎないところもまた、テンポ感の良さなのだろう。

  • 深夜に読むの危険。ラーメン食べたくなる漫画2巻目。冷やしラーメン奥が深い。けど、普通のあったかいラーメン派。一風堂に家系ラーメンにスガキヤのラーメンフォーク。ちらりと出てきたコメダ。悠の名古屋での行動、マジストーカーだよ…こわいよ… そういえば、それぞれの兄やら弟やらが出てきたのか。

  • ラーメンを食べたくなるマンガなんだろうけど、見てるだけで胸やけしそうでラーメン食べたいって思えなかった。紙面で1話づつ掲載されるくらいの量がちょうどいいのか、単行本にまとめるとラーメン一色って飽きる。小泉さん食べ過ぎ。無愛想で人間関係も面白くならなさそうだし、2巻まで読んだけどもういいかなと。

  • 家系ラーメンにライスを入れる新しさを知れました

全18件中 1 - 10件を表示

ラーメン大好き小泉さん 2 (バンブーコミックス)のその他の作品

鳴見なるの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
久住 昌之
有効な右矢印 無効な右矢印

ラーメン大好き小泉さん 2 (バンブーコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする