熱浸透率 (バンブーコミックス 麗人セレクション)

著者 :
  • 竹書房
3.10
  • (2)
  • (7)
  • (14)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 68
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784801959767

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 表題シリーズ+短編が2本と『耳たぶの理由』の2人も収録。ギャグとシリアスのいい塩梅な一冊だったと思うけど、私は短編の方が好きだった。オヤジ2人に美少年の組み合わせの『愛玩生物』も良かったけど、最後の『儀式』が一番だった。主人公たちはこれで良かったという感じなんだけど、読み手の私はなんともムズムズする終わり方がねw でも、国枝さんのもっと仄暗いお話を読みたい。

  • 表題は低体温の彼。同時収録はセクシーなおじ様たちと犬(心当たりはないが息子だと言い張る男)、忘れられない昔の男のイトコが突然現れ弔いをしようと言ってくる話 、「耳たぶの理由」のカップル。

  • 作家買い。私の中のBL御三家の一人。
    安定と言えば安定の国枝さん短編5話。

    『熱浸透率』
    元気のいい大学生の高木岳人と
    学内で有名な無表情・無反応・低体温の白鳥 玄の
    温度差のある恋物語。

    『愛玩生物』
    石崎哲也(50歳代)の元に

    あなたの息子かもしれない?と訪ねてきた26歳の青年…。
    『儀式』
    善治が家に帰るとそこには内心良く思ってない男・日野が
    「今日は郁也の命日だから二人で偲ぼうと思って」と
    家にの中にいて…!?

    『目の上のたんこぶ』
    『生え際のライン』
    【耳たぶの理由】の山口くんと石川くんのその後のお話。

  • 色々てんこ盛り、よっかったー。

全5件中 1 - 5件を表示

国枝彩香の作品

ツイートする