ワンダー・ボーダー (バンブーコミックス Qpaコレクション)

著者 :
  • 竹書房
3.80
  • (9)
  • (22)
  • (13)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 143
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784801960480

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • すごい良かった!
    和秋の風貌と最初のやりとりから彼女いるのにひでぇ奴だなと思ったけど、気持ちが分かってから読み直すと、ひたすら正直で泣けるなオイと思ってしまった…。いやしかし卒業式のあれは和秋がひどいと思うけど。
    洋春の夏朗さんへの感情も丁寧で、とくにメールきて「なんだ…」って思った後の描写、夏朗さんに感情移入して辛くなった(笑)
    あとタバコの使い方がいいなーと。久々に吸いたくなってしまった。
    冬子ちゃんいい子。
    カバー下で夏朗さんも幸せになれそうだし良かった良かった。夏朗さんもほんといい人よ。なんでって洋春責めたっていいのに。

  • 裏切るとか嘘とかすっごい嫌いなんだけど、それでもこの作品は好きになってしまった!上田先生の繊細な表現が素晴らしく夏朗さんが好きすぎる!!

  • 大当たりだった。

  • 高校の時に付き合っていた元カレと再会。
    絵も好みで、話の展開も好きでよかったです。
    ただ、作家を追いかけるほどではないかなと思った作品。

  • 来年のBLCD原作を先にチェックしたくて購入。
    おのゆー×たくちゃんとかいい原作じゃねーと無駄使いですしね
    じゃっかん絵が荒い感じがするけどわりと読ませる話だったのでよかったです、ふられた夏はスピンオフで幸せになれるのかなー
    たくちゃんのこのタイプの声はわりと想像しやすいんだけどおのゆーはどの系統でくるんだろう

  • 再会もの。受けには現彼がいるのに、元彼(攻め)が寝取る感じなので、浮気略奪ものにも入るんだろうか??

    そんな経緯もあり、受けも攻めも別方向のクズで見ていられなかった。ただ、本気の恋愛ってそういうものかもしれないとも思ったりする。安穏で客観的な幸せを望むか、危険でも痛くても恋の深さに溺れるか。後者を選べた主人公たちはきっと幸せなのだろうけれど、誰かを傷つけて突っ走る恋愛を見たいとは思えなかった。

  • 高校時代付き合っていた和秋×洋春の再会愛。お互い恋人がいて再会の焼けぼっくいに火がつくタイプですが、これはもうね… 受の彼氏さんだった夏朗さんがいい人で泣ける! 最初は攻の気持ちが掴めなくて、でも攻も本気なんだって分かっても、受がどんなに悩んでいても、夏朗さんに肩入れしてた。ぶっちゃけ描き下ろしの幸せそうな2人には複雑でしたわ… カバー下で相手が現れたっぽい夏朗さんですが、心の底から幸せになってほしいと思います!

  • 現在進行形の彼がいるのに5年振りに現れた元彼にグラグラきちゃうというお話。NTR属性のない私にはしんどいストーリー、今彼の夏朗さんが好い人だけに。元彼が帯によると天然無自覚沼男で、ダメなのに惹かれてしまう自分を止められない、本能レベルの恋なワケですよ。この沼男っていうのが本当それで、抗えない魅力があり堕ちたらズブズブとハマって抜け出せないような男。メールの着信確認して「なんだ夏朗さんか…」って、ここ辛すぎる、だけどリアル。今彼を大事にしたいのに戻らなきゃ止めなきゃと言い聞かせながら、元彼に心も体も絡め取られていく、この心情描写がとても巧みで読み応えがあり、浮気ものは苦手だけど引き込まれました。Qpaなのでエロはがっつりエロい。フラれちゃった夏朗さんだけど、カバー裏に新しい出会いが描かれていて恋の予感が…どうか夏朗さんにも幸せを!切実にスピンオフお願いします!

全9件中 1 - 9件を表示

上田アキの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ワンダー・ボーダー (バンブーコミックス Qpaコレクション)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×