和の国の神さま

著者 :
  • ハート出版
3.94
  • (5)
  • (7)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 76
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784802400794

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 神社巡りをしながら
    そこの神さまたちと楽しくコミュニケーションをとる方法という一風変わった内容の本である
    ジャンル的には、専門書の分類かしら(笑)
    神さまに関しての…
    著者もまだまだ修行中だということだが
    どこかの宗教団体に入っている様子はないようだ

    ただの神社巡りが好きな一般人が書いた
    ちょっとくわしい神様のことという位置だろう
    もともとはブログ記事だった内容を書籍化したものとのこと

    古事記の中の天孫降臨の事について
    かなり詳しく突っ込んで取材して調べてる
    真偽はまだよくわからないところがあるにせよ
    一つの研究材料として読むには面白い本である

  • そうか、アマテラスさんと会えるのは開聞岳の方だったか。てっきり沖縄話から海っぺりかと思っていたので長崎鼻?と思っていた。それにしても、最近、別の方面(地学、考古学、古天文学など)からも「古事記」「日本書紀」は概ね事実ということが明らかになってきているのを知ったりしていたので、かなり興味深かったです。

  • 地元の神社がたくさん取り上げられていたので読んでみた。ロマンがあるなあ。

  • 【動機】古事記と「当時実際にあったこと」の関連性について興味があったから

    古事記をぼんやりと知っているのみであるため、齟齬が気になることもなくある程度素直の読み進められた。著者を信じるのであれば、古事記のことで違う解釈が語られ、それはさらに発展する可能性があることになる。続きを待ちたいと思う。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

桜井識子(さくらい しきこ)
1962年広島生まれ。祖母が霊媒・霊能者、祖父が審神者という特殊な霊能力を持つ家系に生まれ、幼少期の頃より多くの霊および神仏にふれて育つ。家系によるもって生まれた霊能力に加え、長年の修行の成果により、神仏関係の波動が高いものや眷属の姿を見ること、神様仏様の声を聞くことができるようになった。多くの神社やお寺・パワースポット巡りを行い、その詳細をブログや書籍で紹介。神仏にご縁をもらうありがたさ、そのご縁をもらうコツ、神仏にもっと近くなる方法、など、スピリチュアルに関するさまざまな話を発信している。2019年6月20日、『あなたにいま必要な神様が見つかる本 「ごりやく別」神社仏閣めぐり』を刊行。

桜井識子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
稲盛和夫
メンタリストDa...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×