英文サインのデザイン 利用者に伝わりやすい英文表示とは? (TYPOGRAPHY BOOKS)

  • ビー・エヌ・エヌ新社
4.20
  • (3)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 44
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784802511438

作品紹介・あらすじ

日本の空港、駅、行政機関などの公共施設や観光関連施設などで見かける不自然な英文表示や分かりづらいサインデザイン。



英語情報だけが頼りの人の目線で今の日本を歩き回ると、とても困ることに気づきます。たとえば「STOP! 歩きタバコ」のような一部だけが英語の表示は、何を STOP しろと言われているのか読み手には伝わりません。また、一般の人には分かりにくい特殊な略語が使われているサイン、文字を左右から極端に縮小して非常に読みづらくなっているサインも増え続けています。



訪日外国人が3000万人を超え、オリンピック・パラリンピック開催を控えた現在、きちんと伝わる英文案内・表示(英文サイン)の整備がされなければ、将来のインバウンド需要は先細りになることは明らかです。



本書は、欧文書体デザインと英文翻訳の専門家がそれぞれの視点から日本の英文表示の問題点を提起し、コンパクトでも伝わりやすい英文とその見せ方について解説します。実際に、元の文章の7割から半分程度の長さでも意味が伝わり、しかも元の見せ方より読みやすいデザインの具体例も示していきます。



誰にでも分かりやすい表示は、ユニバーサルデザイン、インクルーシブデザイン、ソーシャルデザインの観点からもこれからますます重要になってきます。公共機関、行政、観光などの担当者やそうした仕事に関わるデザイナー必読の一冊です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【新着図書ピックアップ!】ん?.....ん~ん!!
    いいかも、この組み合わせ!

    著者「書体デザイナー」と「実務翻訳家」の二人。
    で、内容は、タイトルどおりに「英文」の「サイン(駅など公共の場所にあるアレ)」。
    しかもこの著者、こんな風に言い切ってます!

      文字情報の信頼感を左右するのは、第一印象、
      つまり「見た目」です。

    いや~爽快!
    今まで文字間隔や行間、1行の単語数なんて、気にしなかったもんな~。

    東京オリンピックを迎え、何かと英文サインも増えるこの時期、にわかサイン評論家になれるチャンスですよ~!
    おススメっ!!

  • 日本のあらゆる場所にあるサインを見なおしてみたくなりました。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

小林 章
ドイツ・モノタイプ社タイプディレクター。欧文書体の国際コンペティションで2度のグランプリを獲得して2001 年よりドイツ在住。有名な書体デザイナーであるヘルマン・ツァップ氏やアドリアン・フルティガー氏と共同で欧文書体開発を手がけたほか、日本語書体「たづがね角ゴシック」のディレクションを担当した。欧米、アジアを中心に講演やワークショップを行い、世界的なコンテストの審査員も務めている。著書に『欧文書体』『欧文書体2』『フォントのふしぎ』(美術出版社)、『まちモジ』(グラフィック社)がある。

「2019年 『英文サインのデザイン』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小林章の作品

英文サインのデザイン 利用者に伝わりやすい英文表示とは? (TYPOGRAPHY BOOKS)を本棚に登録しているひと

ツイートする