恋する日曜日 私。恋した (リンダブックス)

  • 泰文堂
3.09
  • (1)
  • (7)
  • (31)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 95
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784803001228

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 余命3ヶ月と宣告された主人公。
    心に浮かんだのは、昔住んでいた街と大好きだった人。
    思いを伝えるため、彼に会いに行くが・・・。


    何年か前に一度読んでいるのですが、その時とは感覚が違いました。
    良くも悪くも大人になったんだなぁと。

    主人公は、まだ子どもで、だからこそ真っ直ぐで。
    その正直さが眩しくてうらやましく思えました。

  • 余命3ヶ月の宣告を受けた17歳の少女“なぎさ”
    最後の夏のひと時、生まれ育った銚子の町へ向かう
    胸の奥に秘めた恋心と、そして最後のお別れを告げに・・・。

    突然の余命宣告にうちひしがられながらも
    最後の想いを告げる為に向かった銚子
    そこで再会した幼なじみの“聡くん”。
    憧れのおにーさんだった彼と過ごす数日間。
    でも、いつも一緒にいた時と
    少しづつ色んなモノが変わっていた。
    そんな最後の夏の数日間で
    色んな人に出会い、感じ、傷付き
    でも自分の気持ちの確かさを改めて感じる
    そんな“永遠の17歳”の夏を過ごしたなぎさの姿に
    どこかとても懐かしくもあり、また切なくもある
    胸の奥がキュンとなるような一作です。

  • う~ん 軽くて さらっと読めるんだけど その分 何にも残らない感じ。

  • 読みやすい。

    思っていたよりいまいち。

    やっぱり好きな人が出来たら思いは伝えようよ。

  • 母と同じ病気で余命3ヶ月と伝えられた。
    一番会いたい人に思いを伝えに行く主人公。

    自分の命が限られた時、一番何をしたい??

    未来は、永遠にあると思っていたのに、
    3ヶ月しかないと言われてしまった。

    「また、来てね」「また、遊ぼう」という言葉が
    とても重く感じました・・・

    是非、映画も見てみたい。

  • インフルエンザで寝込んでいたときにDVDを見た。

    精神的に弱っていたから「掘北」に泣いた。

  • 時間がもったいない!
    だから、結構死ぬ気で読んでます(仕事は?・・・ハハハ笑)
    ネタばれあるけど、とにかく小説の方がすっきり、なぎさの心情が伝わる
    最初のお母さんの死、自分の病気を知ったシーンなどは映画でも必要ではないのか?
    (最近小言が多い、kitanoじーさん)
    死の恐怖や、やらなくちゃいけない事を、思いつめるなぎさを、キチンと描いているから行動の根底が見える気がします
    この本読んだから、またDVD借りるのもありえるな
    良いですよ〜、映画とリンクしてるし
    堀北真希フアンならば読んで損はない!
    (本の写真が石野真子に見える)

  • ■あらすじ■癌でははを亡くしたなぎさは、母と同じ病院へ入院することになる。
    そして自分の命が後3ヶ月だと知ったなぎさは ひとり生まれ育った海辺の故郷に旅に出る。そこには幼馴染で初恋の人、聡がいる。
    病気のことも恋心も告げられないまま、なぎさの時間は刻一刻と過ぎていく

  • 持ち主:清水

  • 久しぶりの恋愛小説、を読んだ。個人的には表現の仕方とか好きでちょっとだけ泣けた。けれど終り方がちょっと微妙かな、とか思ったり。終わりってのはいらないだろう。

全13件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1972年10月18日生まれ、東京都出身。2002年にドラマ『天体観測』で脚本家デビュー。家族、青春、恋愛、悪女ものなど幅広いジャンルを執筆。代表作は映画『赤い糸』、『さよならみどりちゃん』、『レインツリーの国』、『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』、ドラマ『名前をなくした女神』、『サキ』、『ファースト・クラス』、NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』など。2017年7月より日本テレビ『ウチの夫は仕事ができない』が放送スタート。プライベートでは、2014年8月にフリーアナウンサーの羽鳥慎一氏と結婚、2016年1月に女児出産。

渡辺千穂の作品

ツイートする