「平穏死」という親孝行 ~親を幸せに看取るために子どもがすべき27のこと~

著者 :
  • 泰文堂
3.55
  • (3)
  • (3)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 53
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784803004502

作品紹介・あらすじ

「平穏死」とは「自然に任せる穏やかな最期」を意味します。しかし、親がいくら「平穏死」を望んでいても、それが叶わない現実がある-。その原因こそ、"子どものあなた"にあるのです。終末期医療への誤った思い込みから、これを親孝行と勘違いし、どれだけたくさんの子どもたちが、親の穏やかな最期を邪魔しているのか。看取りの町医者だからこそ言える、"子どものあなた"に今すぐ伝えたいこと。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • こんな先生が近くに居たら心強い。

  • p26
    ひとつの街がひとつの病院
    通常、病院あの廊下を医者や看護士は歩いて回りますが、在宅では、その廊下の距離が長いので、自転車や車を使って移動しているだけなのです。

    p31
    延命治療の中止は、法律的に日本ではまだグレーなのです。
    たいていの病院にとって、「死」は「敗北」だと考えているからです。
    p74
    遺言書は死を迎えた後に効力を発しますが、リビングウィルは、死を迎える前に効力を発する、とても大切なアイテムとなります。
    p113
    介護保険の自己負担額は、医療費と同様に上限が決められています一般世帯であれば、3万7200円。以上のことをふまえ、在宅医療にかかる医療費や介護サービス費、その他費用を合計すると、概算でおおよそ1ヶ月10万円前後が目安かと思います。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

長尾クリニック 院長

長尾和宏の作品

「平穏死」という親孝行 ~親を幸せに看取るために子どもがすべき27のこと~を本棚に登録しているひと

ツイートする