みんなが書き手になる時代の あたらしい文章入門 (スマート新書)

著者 :
制作 : 発行 ピースオブケイク 発売 泰文堂 
  • 泰文堂
3.94
  • (5)
  • (5)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 79
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (112ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784803011364

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • もっと上手に書けるようになりたい。そんな想いで読み始めた本。たくさんのヒントが書かれていたし、読みやすくて説得力も◯。

    【新しい気づき】
    •論理的に書く…
    読んでる人が道に迷わないように。

    •主張→理由→事実の順に書く。
    マトリョーシカ的に。

    •起転承結
    起承転結では「転」で裏切られた感じになる。
    「起」で全体の状況を示す。次に「転」できるように、意識して自分の主張とは反対のことを書く。

    •誰に向けて書くかが大事
    1.特定のあの人
    2.あの時の自分
    いずれかに向けて書くように意識する。

  • 文章構成で、起承転結ではなく、転を最初に持ってくるといいらしい。
    「主張→裏づけ→逆説」ではなく、「主張に反する意見→主張」にすると◎
    読み手の心を動かす文章のわかりやすい作り方が述べられている。

  • 論理的に、役に立つ文章を書くテクニック。

  • スマート新書は本からWebへの移行の象徴となりうると思う。
    パブリッシングの歴史の教科書で取り上げられそうな気がする。
    特に古賀さんの本は内容もまさにそんな時代向けで素晴らしい。

  • 小さい本だけれど、大事なことがコンパクトにまとめられていて、とてもよかった。

  • 【論理的文章のマトリョーシカ】p31
    ①大マトリョーシカ 主張:その文章を通じて訴えたい主張
    ②中マトリョーシカ 理由:主張を支える理由
    ③小マトリョーシカ 事実:理由を補強する客観的事実

    おもしろい文章には、かならず「?」のギモンがあり、それが「!」の解決に変わる瞬間があります。「?」が「!」に変わる瞬間こそが、読書の醍醐味であり、"納得"なのです。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

●古賀史健(こが ふみたけ)
 1973年、福岡県生まれ。ライター、株式会社バトンズ代表。『嫌われる勇気』『幸せになる勇気』(共著・岸見一郎)、『20歳の自分に受けさせたい文章講義』ほか著書多数。2014年「ビジネス書大賞・審査員特別賞」受賞。最新作は幡野広志さんの思いをまとめた『ぼくたちが選べなかったことを、選びなおすために。』(ポプラ社)

「2020年 『雨は五分後にやんで 異人と同人Ⅱ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

古賀史健の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
佐々木 圭一
エーリッヒ・フロ...
メンタリストDa...
有効な右矢印 無効な右矢印

みんなが書き手になる時代の あたらしい文章入門 (スマート新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×