働く女性はみんなキレイを手にできる―ワーキングビューティ

  • 大和出版
3.44
  • (3)
  • (6)
  • (15)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 55
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784804703671

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 約10年前に出版された本ではありますが、とても楽しく読めました。特に3〜5章!ファッションやメイク、香り、そしてインナービューティー、どれも参考になりました。
    たとえ10年前でもふむふむ、と思えたということは、何年経っても働く女性の悩みはきっと似ていて、そしてビジネスの場でのマナーや心遣いは変わらないこと。
    高野さんの他の本があれば読んでみたいな。
    2016.03.29

  • 魅了する力
    内から溢れるエナジー&オーラ、身だしなみ、表情としぐさ、言葉使い、話題の豊富さ
    オシャレの洗練度を上げる
    キレイと仕事のグットスパイラルを築こう
    仕事は、インナービューティーを鍛えるエステマシーン
    「20歳の顔は自然の贈り物、50歳の顔はあなたの功績」シャネル
    私がうまれてきてよかった!と心から思える自分は?
    自分ブレストする。理想の私は?
    1、自分だけの仕事ができる
    2、品がある
    3、いろいろな年代の人と会話ができる
    4、人前で話やダンスができる
    5、オシャレで美しいからだしている
    6、文化と教養がある
    7、人脈に恵まれ愛されている
    8、お金を使いこなしている
    9、国際的である
    10、女性的な仕事と男性的な仕事のバランス

    素直さは究極の知性
    メッセージ性を使う(ファッション)
    アクセサリーに投資
    メイクを戦略的に使う
    スタイルに気を使う
    香りで印象つける
    笑顔

  • この本は「美しい働き方」「働きながら美しくなる方法」の二方向から書かれていて、前半と後半で筆者が異なる。
    この手の本を読むと著者の万能っぷりにうちのめされたり逆に信用できなくなってしまいがちだが、この本は二人の筆者がそれぞれの得意分野について書き、またそれについてお互いが認めあっている感じがして好感が持てた。理想を挙げたらきりがないが、そのなかでも本当に自分の望むものは何か取捨選択し、優先順位をつけるという発想は、たしかに働く女性にでなければでてこないかもしれない。
    似合う髪型(顔の形+髪型=卵形)や、パーソナリティカラーについても参考になった。
    また、最後に書かれた「素直さは究極の知性」というのは真理かも知れない。今回ばかりは素直に参考にしてみよう。
    20140716

  • 参考になります。
    ココ・シャネルの言葉が素敵。
    「20歳の顔は自然の贈り物。50歳の顔はあなたの功績」
    「着こなし上手な女性とは、家を出る前に鏡を見てアクセサリーを1つはずす女性のこと」

  • 読みやすくてよかったです♪

    特に香りのタイプが参考になりました。
    私の場合
    香り→甘いフローラルの香り(甘く優しい香り)
    使う人→20代後半女性
    プラスしたい要素→清潔感、清楚な感じ、かわいい感じ
    とかかなーと思ったり。

    パーソナルカラーとか、ファッションタイプとか重要ですね。
    summerのラブリーかなー?診断してもらいたい。
    淡くて薄い色と青みを含んだ色が似あうはず。
    ピンクならパステルピンク、ローズピンク。
    グリーンならブルーグリーンやエメラルドグリーン。

    お料理も気になりました。キャンベルのトマトスープ。

  • 前半は渋井さんから読者へ内面から輝くためのTips
    後半は高野さんから自分を知りどう見せていくかのためのTipsが満載

  • イメージコンサルタントの高野さんのブログが好きなので、読みました。女性を応援する非常にさわやかな一冊。内容も語調もライトな上、文字サイズも大きめなのでスラスラ読み進められます。

全7件中 1 - 7件を表示

渋井真帆の作品

ツイートする