「ほめ言葉」ブック―いいことがいっぱい起きる! (ココロハッピーBOOKS)

  • 大和出版
3.12
  • (0)
  • (4)
  • (12)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 99
感想 : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (142ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784804703831

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 褒める、感謝する。

  • 本文のなかに、『ほめることは、ちがいを認めること。「その人らしさ」を認めること。その人 が自分と全然ちがう人間であっても、その人なりの「良さ」を認めることです。』という文章 があった。これは、本当に意味の深い言葉で、「ほめる」という行為に「自分と違うことを認 める」という意味が含まれているとは思ってもみなかった。ただ単に潤滑油として「ほめる」 だけでなく、目的をもって「ほめる」ことができるようになろうと思う。

  • これからは、褒め言葉といい言葉だけで生きて行こうと思う。

  • 同著者の「言いたいことがきちんと伝わるレッスン」が良かったので購入。
    期待していたより「ビビット来る」言葉は少なかったかな。

    でも、考えてみると、ここに書いてある褒め言葉のいくつを実際に口にしたことがあるだろう。
    もっと、相手のことを思った言葉を話そうと思いました。

  •  アサーションのセミナーみたいな堅苦しい感じではなく、さくっと読めるのが良い。落ち込んだ時に読んだので、リラックス出来ました。

  • アサーションはそんなに好きじゃないけど、
    リフレーミング集のページは使える。

  • 09/05

  • 20/4/2

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

平木典子(ひらき・のりこ)
1959年 津田塾大学学芸学部英文学科卒業
1964年 ミネソタ大学大学院教育心理学修士課程修了
現在 IPI統合的心理療法研究所顧問、臨床心理士、家族心理士
主著 『自己カウンセリングとアサーションのすすめ』(金子書房、2000)
  『図解 自分の気持ちをきちんと〈伝える〉技術』(PHP研究所、2007)
  『図解 相手の気持ちをきちんと〈聞く〉技術』(PHP研究所、2012)
  『アサーション入門』(講談社、2012)
  『アサーションの心』(朝日新聞出版、2015)
  『マンガでやさしくわかるアサーション』(共著 日本能率協会マネジメントセンター、2015)
  『ビジネスパーソンのためのアサーション入門』(共著 金剛出版、2016)
  『こころのふしぎたんたんけんえほん』(監修 PHP研究所、2016)
  『いろんなきもち―自分の心を大切にしてしあわせになる方法』(翻訳 保育社、2020)
他多数

「2021年 『三訂版 アサーション・トレーニング』 で使われていた紹介文から引用しています。」

平木典子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
神田 昌典
ジェームズ アレ...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×