大人のための「困った感情」のトリセツ

著者 :
  • 大和出版
3.52
  • (7)
  • (19)
  • (18)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 296
レビュー : 22
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784804762456

作品紹介・あらすじ

精神医学の見地から解き明かす、心と気持のカラクリ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • H31.3.31 読了。

     怒りや不安、不機嫌などの自分の感情とうまく付き合っていくには、どうしたら良いかノウハウがわかりやすく書かれていて勉強になった。困った感情が起こった時に、また読みたいですね。
     著者の診療の経験から書かれた「感情をコントロールできる人は自由に生きられる。」という人になりたいですよね。

  • THE感情の女なので、感情に振り回されがちだけど、感情も用法容量守って適切に活用しよう!って思えた 結局感情はありのままそのまんま素直にぜ〜んぶ感じきれば良いんだ〜て感じだし、人は人、俺は俺、相手の領域と自分の領域をしっかり大切にすれば良!職場でも不法侵入してくんなや!ってよく腹立つけど、「あなたはそう思うんだ、へえ、了解。」って今後もやろ〜っと。

    〜まとめ〜
    感情は自分を守るために働くもの!本来の目的で活用しよう!
    怒り:困っている
    不安:安全が確保されていない
    不機嫌:今は本来の自分ではない
    悲しみ:何かを失った
    悔しさ:あったかもしれない可能性を失った、自分の尊厳が傷つけられた
    寂しさ:つながりが途絶えている
    罪悪感:相手を思いやれていない

  • 怒り、不安、悲しさ、悔しさ、不機嫌などの困った感情の裏側にある自分の心の本当の状態を知ることができた。どの感情にも理由があり、怒りや不安はその代替として表面に出てきているに過ぎない。大切なのは、その理由を自覚し、正しく受け止めてあげることだとわかり、少し気持ちが楽になった。

  • 感情の役割をある程度決めておくことなのかな。
    悔しさが2種類ある、は言われてみればその通り。あったかもしれない可能性を失った感覚と、自分の尊厳を傷つけられた感覚と。
    比較が自分の尊厳を傷つけるものというのもそのとおり。

  • 「困った感情」7種類について、具体例を交えながらの、水島先生独特の温もりのある理性的な解説。具体例のバリエーションが豊かで、さすが臨床の人間の気持ち専門家です。
    中でも、「不機嫌」が困った感情に含まれているのは新鮮でした。これまで不機嫌はただの悪徳...怠惰とか強欲とかの仲間だと思っていたけれど、『本来の自分が発揮できていない』状態の、“感情”だったとは。そしてその不機嫌の原因は過去にあり、それを引きずっていて意識が「今」に向いていないわけで、「今」にフォーカスすることが処方箋とのこと。やってみよう。

  • 怒りや不安といった自分で扱うのが難しい感情がなぜ起こるのか、表出する感情のもとにあるものを分析している。困った感情への具体的な処し方が紹介されているとともに、そのような感情を抱いている人への接し方や相談の受け方も記されている。相談を受ける側としてさらに詳しく知りたくなった。

  • 感情が何のサインなのか、ということに学びがあった。
    不安は安全ではないというサイン、不機嫌は本来の自分ではないというサインなど。
    それを自覚することで変わることがありそう。

  • 診療内科の医師から勧められて読みました。
    認知の歪みや感情に気づく上で、どう消化するのかという点で参考になりました。最近瞑想を始めているので、気づきの瞑想と組み合わせてみると良いような気がしています。例えば怒りを捉えたら何に困っているのかについても気づくとか、避けて通れない不安だとか、気づきを深めることもできるんじゃないかと思います。迷走してしまうのかもしれないが。

  • 精神科医で対人関係スキルを治療に取り入れていることで有名な水島広子さんの困った感情についてどう向き合うかの本。「癒すこと」は忘れることではなく関係を再構築するプロセス、「悔しさ」は見返すためではなく(それだと自分をそういう状況に陥れた人と同じレベルのまま)そんな人のことを気にする必要はないと割り切ることで自分が飛躍できるなど、とても参考になる。図書館で借りた本で返却日が来ているので改めて再読してみたい。

  • 不機嫌にならない方法としてべきを押し付けない。
    怒りは困っている状況を知らせる感情と考えると解決の糸口が見つかる。
    近くで自分を見守ってくれる親友ノートを使う。
    キーワードは「今はこれで良い。」です。
    「誰か」がいなくても、つながりは手に入る。寄付やあいさつ、アパートの掃除。自分から心を開いて、与える気持ちで接すると、「寂しさ」はなくなる。罪悪感は自己中心的な気持ち。

全22件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

水島広子(みずしま・ひろこ)
慶應義塾大学医学部卒業、同大学院修了(医学博士)。慶應義塾大学医学部精神神経科勤務を経て、2000年6月~2005年8月、衆議院議員として児童虐待防止法の抜本改正などに取り組む。1997年に共訳『うつ病の対人関係療法』(岩崎学術出版社)を出版して以来、日本における対人関係療法の第一人者として臨床に応用するとともに、その普及啓発に努めている。対人関係療法代表世話人。現在は対人関係療法専門クリニック院長、慶應義塾大学医学部非常勤講師(精神神経科)。
主な著書に『自分でできる対人関係療法』『対人関係療法でなおすうつ病』『対人関係療法でなおすトラウマ・PTSD』(いずれも創元社)、『拒食症・過食症を対人関係療法でなおす』(紀伊國屋書店)、『怖れを手放す』(星和書店)、『臨床家のための対人関係療法入門ガイド』(創元社)、『自己肯定感、持っていますか?』(大和出版)、『他の人の目が気になる人へ』(光文社)、『それでいい。』『やっぱり、それでいい。』『空気が読めなくても それでいい。』(いずれも創元社)、『「毒親」の正体』(新潮社)などがある。

「2021年 『新装版 トラウマの現実に向き合う』 で使われていた紹介文から引用しています。」

水島広子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
恩田 陸
メンタリストDa...
ロバート キヨサ...
又吉 直樹
三浦 しをん
メンタリストDa...
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

大人のための「困った感情」のトリセツを本棚に登録しているひと

ツイートする
×